FC2ブログ

記事一覧

気候変動に関するニュースと論調 19年12月12日

温暖化対策 日本に厳しい目パリ協定目標「極めて不十分」 東京新聞 19.12.12 夕刊  【マドリード=共同】海外の研究機関でつくる「クライメート・アクション・トラッカー」は、開催中の気候変動枠組み条約第二十五回締約国会議(COP25)の会場で、地球温暖化対策のパリ協定で三十余りの国や地域が掲げる目標や政策の評価を公表。日本については、国内外で石炭火力発電所を推進していることなどを理由に六段階評価で下...

続きを読む

大飯廃炉 幌延深地層研 原発関係主要ニュース 2019年12月11日

おおい町長「安全確保に万全を」 大飯原発の廃炉認可に(福井) 中日新聞 19.12.12  原子力規制委員会が十一日に廃止措置計画を認可した大飯原発1、2号機(おおい町)は同じ敷地内で再稼働済みの3、4号機が運転を継続する中で、三十年に及ぶ廃炉作業が進められる。中塚寛町長は「国と事業者との責任において安全確保に万全の対策を講じてほしい」とコメントした。 百万キロ級 大飯1、2号廃炉認可 規制委「運転中...

続きを読む

「復興」の意味再考 元住民不在の新産業都市構想

アベノミクスは「復興」の意味も変えてしまったようです。何でも人が集まり、カネを落とせばいいんでしょ(例えば、菅官房長官「高級ホテル50カ所」発言に被災地は怒り心頭 東京新聞 19.12.11)。 帰還断念する住民 福島・被災地の記録 東京新聞 19.12.12 朝刊4面   「福島イノベーション・コースト構想を基軸とした産業発展の青写真」を取りまとめました。 復興庁 19.12.9...

続きを読む

幌延深地層研 女川原発 再処理工場 むつ市 福島第一原発 原発関係主要ニュース 2019年12月11日

原子力機構の説明を鵜呑みにして知事が「延長受け入れ」表明 どうする“核のゴミ”〜北海道・幌延から 19.12.11 深地層研延長 酪農家ら影響危惧 地元幌延歓迎の声も 北海道新聞 19.12.11 幌延 結論急ぎ不安残す 道と町、深地層研延長容認 北海道新聞 19.12.11   規制委・女川2号機「合格」 原子力委に意見聴取 河北新報 19.12.11 再処理工場審査 竜巻対策変更で冷却水塔を新設 原燃 河北新報 1...

続きを読む

原発企業信頼失墜 「このままでは原発はなくなる」 田中俊一前規制委員長

安倍政府と「国民民主」が居るかぎり大丈夫 「このままでは原発はなくなる」 田中俊一前規制委員長、信頼回復失われた 福井新聞 19.12.11  関西電力の役員らが、福井県高浜町元助役の森山栄治氏(故人)から計約3億2千万円相当の金品を受け取り、福井県職員の現職・OBら計109人も受領していたことが明らかになった問題で原子力規制委員会の田中俊一前委員長に思いを聞いた。田中氏は規制委員長時代に高浜3、4号...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ