記事一覧

ドイツ自然保護区域 飛翔昆虫が激減 インセクタゲドンの元凶は気候変動と集約農業

農業情報研究所(2017年10月21日)より転載 オランダ・ラドバウド大学の研究者等から成る研究チームがドイツの63の自然保護区域に生息する飛翔昆虫の数(バイオマス)を調べた。トラップによる捕獲を通じて得られたデータによると、飛翔昆虫バイオマスは過去27年の間に76%、真夏に限ると82%減少していた。  More than 75 percent decline over 27 years in total flying insect biomass in protected areas,PLOS ONE, O...

続きを読む

衆院選福島 地元紙は報じないが 原発関係主要ニュース:2017年10月20日

原点の福島から衆院選を考える(特報) 東京新聞 17.10.20 朝刊  南相馬・小高区 終わった問題にされ見えぬ復興 原発事故語らぬ政治家(28面)  賠償・補償打ち切り 帰還圧力に 「忘却」求める政策 教訓生かされず 各地で住宅追い出しも 「改憲強調されても・・・」(29面)   衆院選 東海第2再稼働「反対」63% 脱原発「賛成」54% 県内世論調査 茨城新聞 17.10.20 根拠ある原発政策を 福島避...

続きを読む

原発関係主要ニュース:2017年10月19日

<衆院選>下北半島の原子力施設巡り論争 津軽海峡で主張逆転 河北新報 17.10.19 原発、論戦低調 再稼働へ動き粛々 日本海新聞 17.10.19 市議会に原発周辺検診の説明求める 市民団体、唐津市に要請 佐賀新聞 17.10.19 「第2避難先」確保へ 東海第2事故想定 県、本年度中にも決定 茨城新聞 17.10.19 大間-函館フェリーを原発...

続きを読む

今日の特選記事 小池にはまってさあ大変・・・

      小池にはまった「どんぐり」たちの大変な末路 元の木阿弥?「希望の党」崩壊で民進再結集か | 国内政治 | 東洋経済オンライン      ...

続きを読む

原発事故廃棄物 無責任政治家勢ぞろい 原発関係主要ニュース:2017年10月18日

 <衆院選>候補者アンケート 回答分析(下)割れる原発政策(栃木) 東京新聞 17.10.18 「国の責任」強調も具体策は少なく」 「希望候補の一人は「国の責任で解決。福島の帰還困難区域の土地を買い、暫定集約をしながら考える」?!東京湾の放射能汚染は今 千葉・花見川編(こちら原発取材班) 東京新聞 17.10.18 世論調査2.玄海原発再稼働 県民の賛否なお二分 佐賀新聞 17.10.18 大飯1・2号機廃炉...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア