FC2ブログ

記事一覧

ドイツ 昆虫保護法制定へ グリホサート完全禁止、夜間照明制限などアクションプランも

農業情報研究所>2019年2月18日より転載    ドイツのスベ―ニャ・シュルツェ環境相が昆虫保護のための新たな法律の制定を要請している。大臣は、昆虫の法的保護の改善は人類の未来も保護する、それは法による保護に値する、この法はクワガタムシやオオマルハナバチを保護するのみならず、何よりもわれわれ自身を保護すると言っている。昆虫と農家の生き残りを保障する解決策のために農業省基金を利用するように望んでいる...

続きを読む

女川再稼働 原発関係主要ニュース 2019年2月16日

<原発再稼働住民投票>13年否決の新潟県議会「意義あった」「時期尚早」 割れる評価 河北新報19.2.17  東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働の是非を問う住民投票に関連し、村井嘉浩宮城県知事は21日に条例案を県議会に提出する。原発を巡っては、東京電力柏崎刈羽が立地する新潟県でも市民団体の直接請求を受けて条例案が出され、2013年に否決された経緯がある。「意義はあった」「時期尚早だ...

続きを読む

お金と時間 どれほどかけてもできないものはできない 辺野古

「軟弱地盤や高さ制限…何が問題?」 安全性に疑義 場所「不適」 琉球新報 19.2.17  米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、大浦湾に軟弱地盤が存在することや構造物などの高さ制限に抵触することなどが、仲井真弘多元知事による埋め立て承認後に明らかになった。詳しく説明する。  Q 軟弱地盤とは?  A 非常に軟ら...

続きを読む

電力会社オールジャパン 女川再稼働 東海第二再稼働 原発関係主要ニュース 2019年2月16日

関電社長、他電力との連携に前向き 国内の原子力事業「オールジャパンで議論を」 毎日新聞 19.2.15  関西電力の岩根茂樹社長は15日、国内の原子力事業を巡り「オールジャパンで原子力の課題を議論していく必要がある」と述べ、他の電力会社や原子炉メーカーとの連携に前向きな考えを示した。関電が他電力やメーカーとの連携に言及するのは珍しく、企業の垣根を越えた協力関係が広がる可能性もある。  東京都内で記者...

続きを読む

日本の若者は何してんだろう 辺野古反対を言うでもなし

英で児童・生徒数千人が気候変動デモ 学校は授業欠席容認 AFPBB 19.2.16 【2月16日 AFP】英国各地で15日、数千人の児童や生徒が気候変動への対策を求めるデモを行い、ロンドン中心部の議会議事堂前にある広場「パーラメントスクエア(Parliament Square)」での集会には数百人が参加した。子どもたちの多くが、学校側は授業を休んで抗議に参加する...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア