記事一覧

復興大臣交代 「被災地の現状は何も変わらないだろう」

 東日本大震災について「東北で良かった」と発言し、更迭された今村雅弘氏の後任に福島県出身の吉野正芳元環境副大臣が任命された。    しかし、大臣が代わったら何が変わるのだろうか。福島県飯舘村から福島市の仮設住宅に避難した無職村山節さん(76)は「被災3県から(大臣が)出るのは当然だ。ただ、福島出身の大臣に代わっても、被災地の現状は何も変わらないだろう」と語ったそうである。    「...

続きを読む

佐賀県知事 玄海原発再稼働 「現状においてやむを得ない」 見えない「熟慮」の中身

山口祥義佐賀県知事が賀県の山口祥義知事が、「熟慮を重ね・・・、原子力発電に頼らない社会を目指すという強い思いを持ちつつ、現状においてやむを得ない」と玄海原発3、4号機の再稼働に同意しした。何を熟慮して「現状においてやむを得ない」と判断したのでしょうか。熟慮の中身が見えません。結局は、国には逆らえないということなのでしょうか。熟慮の結果、自分の行為の結果(フクシマのような事故と被災)の責任を他人(国...

続きを読む

トランプショック 「保護主義」と「自由で公平な貿易」の再考の契機にも

 国際通貨基金(IMF)の国際通貨金融委員会(IMFC)が22日、世界経済の不均衡是正に向け努力することで合意したが、採択した共同声明では、これまでのIMFC声明に入っていた「あらゆる形の保護主義に抵抗する」との文言が盛り込まれなかった。 これを伝えるマスコミ、これは保護主義的な政策を掲げ、貿易赤字の解消に向けてドル高を牽制する米トランプ政権の主張に配慮した結果だと強調している。米国の圧力でIMFCも「保護主義...

続きを読む

自主避難者は「甘えすぎ」 不寛容な社会が弱者切り捨て政治家を育てる

 毎日新聞の一記者が福島第一原発事故を受けて福島県から「自主避難」、体調悪化に住宅無償提供打ち切りによる経済的困窮が重なり、「もう少し自立に向かう補助を」と訴えるシングルマザーの記事を掲載したところ、「世の中に甘えすぎ」といった反響メールが届いたそうである。ネット上にも「甘えている」「自分の責任」との意見が目立った。   記者は、「自主避難者について、記者会見で「自己責任」と言った復興相が国会で...

続きを読む

G20財務相・中銀総裁会議 「保護主義」対抗の必要性で一致 目糞(TPP)鼻糞(日米FTA)を笑うか

 ワシントンで開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議、「自由貿易の重要性を共有し、保護主義に対抗していく必要性で一致した」そうである。「ただトランプ米政権は二国間交渉で自国の利益を目指す考えで、内向きな姿勢に変化はない。七月にドイツで開かれるG20首脳会合に向けて、火種は抱えたままだ」という。  G20自由貿易の重要性共有 保護主義の波、残る火種 東京新聞 17.4.23  ドイツのショイブレ財務相は閉...

続きを読む

プロフィール

寿

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア