記事一覧

20ミリシーベルト問題なし 営農再開無理 テロ対策「大きな問題ない」 原発関係主要二ュース:2018年2月24日

  東電が和解案を拒否 飯舘村民の裁判外紛争解決手続きで 福島民友 18.2.24 「20ミリシーベルト程度の被ばくの危険性は科学的に証明されていない」 双葉畜産農協が今月で解散 原発事故で営農再開困難 福島民報 18.2.24 「大きな問題ない」原子力規制委がテロ対策施設予定地を調査 佐賀新聞 18.2.24...

続きを読む

東日本大震災7年 注目記事:2018年2月24日

 <震災7年>仮設店舗、刻々迫る退去期限 事業再建二の足 高齢化や資金難が壁 河北新報 18.2.24 <震災7年>陸前高田の商店街、仮設店舗取得で継続模索 自力再建困難な事業者連携 河北新報 2.24 <震災7年>津波にのまれながら生き残った「奇跡の桜」古里帰る 河北新報 2.24 大川小、145年の歴史に幕 津波の教訓 引き継ぐ 東京新聞 18.2.24 夕刊...

続きを読む

米軍機燃料タンク投棄 事故処理も損害補償も日本が この非常時、耐えるしか・・・

小野寺五典防衛相は24日、青森県東北町の小川原湖に米軍三沢基地所属のF16戦闘機が燃料タンクを投棄した問題で三村申吾青森県知事と三沢市で会談した。 小野寺氏は「漁業者が休漁を余儀なくされていることを大変重く受け止めている。(補償に)しっかり誠意を持って適切な形で対応したい」と表明した。 三村氏は、タンク投棄と燃料油の流出によって住民に不安を与えたとして、原因究明と安全対策の徹底、流出油の回収も求...

続きを読む

世界の森林先住民 パーム油で貧困化 バイオ燃料用利用禁止を欧州議会に要請

農業情報研究所:2018年2月24日より転載 昨年4月、EUの欧州議会が森林破壊を促すパームオイルをはじめとする植物油から作るバイオン燃料の販売を2020年までに段階的に禁止するという決議案を採択した(パームオイルで欧州議会が決議 単一持続可能認証スキーム導入とバイオ燃料用利用の2020年までの廃止 農業情報研究所 17.4.15)。さらに今年1月にはパームオイルの2021年までの段階的廃止を決めた(MEPs set ambitious targ...

続きを読む

課題山積・原発事故避難 原発関係主要二ュース:2018年2月23日

 知事「被ばくゼロあり得ない」 柏崎原発事故時の避難 実効性ある計画強調 新潟日報 18.2.23 「東海第二」笠間市の避難計画「市民の健康守れるのか」(茨城) 東京新聞 18.2.2...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

原発は核廃棄物の安全な処分方法の確立を待たずに見切り発車すれば破滅的災厄をもたらす(フレッド・ホイル)。事故だけではない、原発そのものが問題です。

フリーエリア

フリーエリア