FC2ブログ

記事一覧

砂漠でサケ養殖 米大豆対中輸出 北海道雪がない 農業・食料関係今日の内外注目記事 20年1月11-12日

動画:砂漠でサケ養殖 ドバイの新たな野心的挑戦 AFPBB 20.1.12    米国産大豆の対中輸出、トランプ氏の夢は幻か ロイター 20.1.12  そんなことは最初から分っている(中国が米産農産品400億ドル輸入の大法螺 トランプの農民向け選挙戦略もこれまで,19.12.16)。農民は中国の大豆大量輸入など当てにしていない。問題は、石油業界との板挟みでトランプ氏も身動ききない(コーン・大豆の需要拡大に結び付...

続きを読む

豪産牛肉対米産牛肉?干ばつ・森林火災で豪産敗退は確実 問題は日本人の食品安全意識 

農業情報研究所>意見・論評・著書等紹介>農業・農村・食料関係>2019年12月29日より転載イオンリテールが現在扱う牛肉は国産と輸入が50%ずつで、輸入では豪州産と米国産が「二対一」の割合だったが、二〇年度は米国産を二割増しにする計画、イトーヨーカドーも十三日まで、米国産牛のステーキ用などで一~二割値下げする。「米国産と豪州産などとのシェア争いが激化する可能性がある」そうである(牛肉シェア争い「得」米国産...

続きを読む

牛肉輸出額が政府目標突破 それがどうした!国産牛肉市場は縮小の一途

農業情報研究所>意見・論評・著書等紹介>農業・農村・食料関係>2019年12月15日より転載 今日の日本農業新聞が「牛肉の輸出額が11月までで263億円となり、政府目標を突破した」と報じている。「和牛を中心とした高品質な日本産牛肉への注目度が高まる中、関係者らが連携した販促活動や、輸出向けの施設整備などが奏功した。2020年には東京五輪・パラリンピックも控え、海外へアピールするチャンスが広がる。産地から...

続きを読む

農地減少が急加速 効率に拘らない気軽な農業参入が耕作放棄を防ぐ

農業情報研究所>意見・論評・著書等紹介>農業・農村・食料関係>2019年12月15日より転載 日本農業新聞によると、「耕作放棄や農地の転用による農地面積の減少が農水省の想定を上回って進んでいる。2015~19年の5年間に発生した荒廃農地は7万7000ヘクタール、農地転用は7万5000ヘクタールに上った。それぞれ同省が想定した2・5倍、1・5倍のペースで増えた。農地の再生が一定程度進んだものの、新たな荒廃...

続きを読む

アイオワ州知事 全ての州所有ディーゼル新車はB20燃料を 大豆需要拡大策

農業情報研究所>農業・農村・食料>北米>ニュース:2019年12月7日より転載   米国第二の大豆生産州・アイオワ州のキム・レイノルズ知事(共和党)が乗用車・トラックから除雪プラウ、ロードグレーダーに至るすべての州所有ディーゼル新車はバイオディーゼル20%以上を含むディーゼル燃料(B20)を使うことができなければならないとする知事令に調印した。 トランプ大統領が仕掛けた貿易戦争で州農民は最大の大豆...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ