FC2ブログ

記事一覧

市長たちはどちらを見ているのか。業者の方ばかり見ているんじゃないか

【太陽光発電は人を幸せにするか】(16)業者は工事を強行 決め手がない伊東市は住民と業者の板挟みに 産経新聞 18.11.4  「市長たちはどちらを見ているのか。業者の方ばかり見ているんじゃないか」  10月24日夜、静岡県伊東市八幡野の八幡野コミュニティセンターで小野達也・伊東市長(55)出席のもと、行われたタウンミーティングは怒号も飛び交う激しいものとなった。  八幡野で建設計画がある伊豆高原...

続きを読む

長野佐久穂メガソーラー 事業中止も 県知事意見 リニアにも出して欲しかった

  長野県は10月31日、一条メガソーラー(三重県伊賀市)が長野県南佐久郡佐久穂町大日向地区で計画する大規模太陽光発電所(メガソーラー)につき、環境影響評価(アセスメント)の「配慮書」に対する知事意見を同社に通知した。 この事業による①土砂災害等、②森林の保全機能や生態系、③長野県希少野生動植物保護条例に基づく指定希少野生動植物に係わる「重大な環境影響が懸念されるため」、事業計画をこれらの影響を回避す...

続きを読む

飯豊メガソーラー計画 止めようにも有効な手立て(法律)がない 太陽光推進派議員が圧力

【太陽光発電は人を幸せにするか】(14)後藤幸平・飯豊町長「外資の高い目線、許せない」「『圧力』もあった」 産経新聞 18.10.28  「新しいFIT法の規定では、地元自治体の許可がなくても電力会社の接続(連系)許可が出るとは思いませんでした」。 -------------------------   「--条例はあるのですよね  「平成29年3月から施行しています。500キロワット以上の太陽光発電事業を行う場合には、...

続きを読む

飯豊・大石田メガソーラー 架台も雪に埋もれてしまう 除雪に「行ったら遭難しちまうよ」

【太陽光発電は人を幸せにするか】(13) 雪深い土地にメガソーラー 「雪崩が起きたら…」 困惑する住民たち 産経新聞 18.10.27  国内最大級の規模となる北国の太陽光発電所計画は山形県飯豊町と大石田町の町民に賛否両論を巻き起こした。  飯豊町が調べたところ、現在、国内最大の太陽光発電所計画は、宇久島メガソーラーパーク(630ヘクタール・長崎県佐世保市、宇久島)。出力では瀬戸内メガソーラープロジェク...

続きを読む

メガソーラー 静岡

メガソーラー開発にガイドライン 県議会(静岡) 中日新聞 18.9.27 県は、設置事業者に環境への影響調査を義務付ける県条例の規則を改正し、来年三月一日に施行する。県によると、施行後は、太陽光発電所の敷地が五十ヘクタール以上、または森林伐採区域が二十ヘクタール以上の場合、環境アセスメント(環境影響評価)の手続きが必要となる。  敷地が五十ヘクタール未満でも、二十ヘクタール超は、県が個別に必要性を判断...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ