FC2ブログ

記事一覧

「処理水」の7割は「処理途上水」 東電が処理水定義見直し

農業情報研究所>環境>原子力>東電福島第一原発事故関係>2021年5月10日より転載    東電や日本政府は、海洋への放出を決めている福島第一原発で発生する高度汚染水をALPS(多核種除去設備)で処理した「処理水」と呼び、マスコミも一貫してこの呼び方に従っている。これが重大事故を起こした原発から出る汚染水を処理した水を世界中の原発から放出されている「トリチウム水」と同じものであるかのような印象を広めて...

続きを読む

チェルノブイリ原発事故35年 破損した原子炉内部で再び核分裂反応が起きている

 恐ろしいことだ。福島でも同じことが起きないとは言えない。   ‘It’s like the embers in a barbecue pit.’ Nuclear reactions are smoldering again at Chernobyl,Nature,21.5.6 Thirty-five years after the Chernobyl Nuclear Power Plant in Ukraine exploded in the world’s worst nuclear accident, fission reactions are smoldering again in uranium fuel masses buried deep inside a mangled ...

続きを読む

鮭は戻った 戻らない人も・・・

東京新聞 21年3月29日 サケの川復活へ稚魚1万匹を児童ら放流 福島・楢葉の木戸川 河北新報 21.3.17  東京電力福島第1原発事故に伴い一時全町避難した福島県楢葉町の木戸川で16日、サケ漁と採卵・ふ化を再開後、6年目となる稚魚の放流が始まった。本州屈指の「サケの川」の復活を目指し、今月中に約29万匹を放す。  新型コロナウイルスの影響で昨年は見送った地元の子どもたちによる放流を、感染防止策を講じた...

続きを読む

福島の喜劇 復興アピールどころか世界の笑いもの 五輪聖火リレースタート

  (気の毒なナデシコ・ジャパン―写真は福島民友紙)   五輪聖火リレーきょうスタート 原子力緊急事態宣言 10年前からずっと出たままなのに(特報) 東京新聞 21.3.25 朝刊24-25面...

続きを読む

福島県の悲劇 首長が「着実な復興ぶり」を海外に紹介

農業情報研究所>環境>原子力>東電福島第一原発事故関係>2021年3月25日より転載  内堀福島県知事が米国コロンビア大ビジネススクールのセミナーでオンライン講演、原発事故に伴う避難区域が最大時の五分の一に縮小したことなど着実な復興ぶりを紹介する一方、県産農林水産物の安全性に関して現在も十五の国・地域で輸入規制が続いている風評の実態を伝えたとのことである。  復興の歩み海外へ発信 内堀福島県知事、オ...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ