FC2ブログ

記事一覧

原発事故は言われるほど怖くない 新手の原発キャンペーン?

東京新聞たるものがこんな話を取り上げたのが不可解だ。 「被災地の希望」を体感 福島、ホープツーリズム広がる 東京新聞 19.8.23 夕刊  東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興に取り組む福島県が進める「ホープツーリズム」(希望の旅行)が広がりを見せている。被災地を見るだけでなく、復興に携わる人々との対話を通じて旅行者に自ら考え学んでもらう新しい形のツアーだ。県観光物産交流協会はホープツ...

続きを読む

アウト・オブ・コントロール 福島第一敷地内被ばく管理

敷地区分け 汚染管理ずさん ふくしま作業員日誌 東京新聞 19.8.23 朝刊23面 バスが通る道から「見学」するだけの安倍首相は涼しい顔だが...

続きを読む

福島第一排気塔解体 またまた中断 強風や地震で倒壊・・・ 

排気筒解体 また中止 のこぎり動かず 東京新聞 19.8.22 朝刊2面 東京新聞 19.8.22 朝刊2面   →苦闘する排気筒解体の現場 福島第一原発 東京新聞 19.8.14 朝刊4面...

続きを読む

この微妙な時に 余計な口出しするな―日本政府関係者

そろそろ委員長クビにしないと・・・処理水の海洋放出要求 福島第一 規制委、東電などに 東京新聞 19.8.22 朝刊2面   →原発問題で日本けん制 韓国、福島処理水の説明要求 東京新聞 19.8.20...

続きを読む

綱渡りより難しい 福島第一原発排気筒解体

苦闘する排気筒解体の現場 福島第一原発 東京新聞 19.8.14 朝刊4面  東京電力福島第一原発の1、2号機原子炉建屋そばに立つ排気筒(高さ120メートル、直径約3メートル)の解体作業が、8月1日に始まった。事故当初、1号機原子炉格納容器の破裂を防ぐため、炉内にたまった高濃度の放射性物質を含む汚染蒸気を排出。中央部の支柱には複数の損傷がある。放射線量が高い現場は人が容易に近づけず、専用の切断装置を遠隔操作する前...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ