FC2ブログ

記事一覧

不平等と闘う2019年G7サミット 世界12憶の農民の権利は?

農業情報研究所>グローバリゼーション>グローバリゼーション>2015年8月20日より転載   今年のG7サミット、議長国・フランスは不平等と闘うために、とりわけ   ・ジェンダー平等と、教育および質の高い保健サービスへのアクセスを推進しながら、運命の不平等と闘うこと ・気候変動対策のための資金調達と、生物多様性や海洋の保全を中心とした公正な環境移行のための資金調達によって、われわれの地...

続きを読む

日本メディアが報じないG20サミット

(6月29日 17時30分)気候変動G20 summit: World leaders agree on climate deal,Deutsche Welle,19.6.29 German Chancellor Angela Merkel on Saturday said world leaders at the G20 summit would sign a climate change deal similar to that signed in Argentina last year. "We will have a similar text to Argentina. A 19+1 declaration," Merkel told reporters on the sidelines of a G20 meeting in Osaka. ...

続きを読む

G20 気候変動との闘いの約束をプレイ・ダウン 日本が米国の圧力に屈する

日本のテレビも新聞も報じないG20大阪サミットの舞台裏  G20 plays down commitment to climate change action,FT.com,19.6.26                   Japan has bowed to US pressure by watering down commitments to tackle climate change in its draft G20 communiqué, a sign of how Tokyo is seeking to win favour...

続きを読む

安倍晋三の捕鯨砲(対艦ミサイル) 標的はルールに基づく国際秩序 アメリカ・ファーストのトランプと違わない 

Shinzo Abe’s harpoon hits the wrong target,FT.com.19.1.3 Japan has fired a harpoon at the rules-based global order. In an announcement slipped out while friends and allies in the west were celebrating Christmas, Shinzo Abe’s government said it is quitting the International Whaling Commission. Japan will resume commercial whaling this year, joining Norway and Iceland in defying the global n...

続きを読む

皇帝ペンギンのオスも冬の終わりには海に戻る メイのイギリス、トランプのアメリカは?

 イギリスのみは選ばれることを前提に、イギリスのEU離脱を‘自然淘汰’とのアナロジーで正当化する見方がある。しかし、もっと優れた生物学的アナロジーは、昆虫による授粉、豆類におけるバクテリア窒素固定、珊瑚における藻類など、‘共進化’(co-evolution)だ。   ブリザードが吹き荒れる南極の極寒の冬の氷原の上、他の種との繋がりを自ら絶ち、孤立無援、絶食状態で抱卵を続ける皇帝ペンギンのオスも、もう一つの優れたア...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ