FC2ブログ

記事一覧

海の魚 適温を求めて人工的境界線を越える 温暖化で漁業環境激変

Warming Waters, Moving Fish: How Climate Change Is Reshaping Iceland,Theb New York Times,19.12.2(気候変動関係 今日の内外注目記事 19年11月30-12月1-2日より再掲) Different species of fish evolved to live in specific water temperatures, with some fish like sea bass requiring the temperate ocean climates like those found off the mid-Atlantic region of the United States, and tropical fish lik...

続きを読む

海の異変 今日の注目記事 19年11月27-29日

これも気候変動と関連? カキ大量死究明を要望 県に鳥羽市長「地域にばらつき」 三重 伊勢新聞 19.11.29 【鳥羽】三重県の中村欣一郎鳥羽市長は28日、定例会見に臨み、今年に入って市内のカキ養殖業者から貝の大量死が指摘されている問題について、原因究明に向けて県に要望する意向を示した。 市や県によると10月下旬ごろに複数の業者から貝のへい死に関する報告があり、桃取や浦村、安楽島地区で6―8割の貝が被害...

続きを読む

これも気候変動と関連 豊後水道にクロサバフグ異常発生 海水温の高さが一因

クロサバフグ異常発生 豊後水道、漁具に被害続出 大分合同新聞 19.11.24  佐賀関、臼津沖の豊後水道でクロサバフグが異常発生し、漁師から被害を訴える声が相次いでいる。アジやタチウオの漁で頻繁に漁具が食い切られ、「狙った魚が釣れず、修理費用も時間もかかる。やってられない」と嘆き節も。海水温の高さが一因とみられ、漁獲量への影響が懸念されている。  「漁具をフグに取られない日はない。漁師になって20年...

続きを読む

気仙沼 春でもないの鰆が豊漁 やっぱり気候変動が・・・

サワラ異例の豊漁 気仙沼魚市場で前年6倍(リンクは保証できません) 三陸新報 19.11.22  連日のように水揚げされているサワラ  気仙沼魚市場で、サワラが異例の豊漁に沸いている。本来は南の海域で春に漁獲されることが多いが、数量はすでに前年実績の6倍。買い受け人も「これほど揚がるのは記憶にない」と驚くほどだ。  サワラは、漢字で「魚」偏に「春」と書く通り、本来は春から初夏にかけて旬を迎える。東シ...

続きを読む

サクラエビが不漁 ダム、リニア 駿河湾に何が起きている?

サクラエビ秋漁解禁、魚影薄く わずか2トン、漁師不安視 静岡新聞 19.10.24  記録的不漁が続く駿河湾産サクラエビの秋漁が23日、解禁した。大井川港漁協(焼津市)所属の約40隻が、湾南部で漁獲可能ラインとした親エビ(体長35ミリ以上)が30%以上確認できた焼津沖から相良沖を中心に行ったが、水揚げ量は約2トンにとどまった。資源回復は見られず、地元漁師からは「取れたうちに入らない」など先行きを不安視す...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ