FC2ブログ

記事一覧

消えゆくアルプス氷河 南極最高気温 アマゾン雨林破壊 風力発電 大気汚染 環境関係内外注目記事 20年2月14日

マクロン仏大統領、消えゆく氷河を視察 「世紀の闘い」訴える AFPBB 20.2.14【2月14日 AFP】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は13日、温暖化の影響で消失の危機にあるアルプス山脈(Alps)の氷河を訪れ、気候変動に抗い環境を保護するため「世紀の闘い」が必要だと呼び掛けた。 2022年仏大統領選に向け、環境保護政策で実績をアピールしたいマクロン氏は、仏最高峰モンブラン(Mont Blanc)のふもと...

続きを読む

サバクトビバッタ バイオマス発電 水源保全 今日の内外注目記事 20年2月10日

  バッタの大群、ウガンダに襲来 FAOは「蝗害」を警告 AFPBB 20.2.10 【2月10日 AFP】 「アフリカの角(Horn of Africa)」と呼ばれるアフリカ北東部で猛威を振るっているバッタの大群が9日、ウガンダに襲来し、政府は緊急閣議を開いて対応を協議した。  北東部カラモジャ(Karamoja)地方の担当相によると、9日にケニアからバッタが襲来したのを確認したという。  大発生しているのはサバクトビバッタで、通...

続きを読む

長野県がグリーン・ボンド 他県も倣ったらどうだろう

長野県が気候非常事態宣言に続き、県債「グリーンボンド」発行へ。 環境分野限定の県債発行 20年度予算案事業から活用 信濃毎日新聞 20.2.8  県は2020年度、再生可能エネルギー導入や省エネ対策など環境分野に使い道を限定した県債「グリーンボンド」を新たに発行する。環境省によると、自治体として発行するのは東京都に続いて2番目。環境保全の取り組みへの投資を促し、投資家を含む県民の環境に対する関心を高...

続きを読む

環境関係 今日の内外注目記事 20年20日

  河川経由は1%未満 原子力機構、海洋流出セシウム算出 河北新報 20.1.20  日本原子力研究開発機構は、東京電力福島第1原発事故後の半年間で海に流出した放射性セシウムのうち、河川を経由した量は全体の1%未満と推定される解析結果をまとめた。観測結果に基づく新モデルを開発し、算出した。  機構によると、セシウムは(1)大気中への放出(2)高濃度汚染水など原発から直接漏出(3)河川経由-の...

続きを読む

暗褐色から青、流速は衰え、魚は減って緑藻も出現 生命を育むメコンに何が?

   BUNGKHLA/BANGKOK: When the normally murky brown Mekong River turned a brilliant blue late last year, villagers in northeastern Thailand were surprised. Then, this week, unusually large patches of green algae appeared, clogging up nets and making it almost impossible to fish. Both the Mekong's strange colour and the algae have heightened worries about the health of the river that ...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ