FC2ブログ

記事一覧

ブラジル ベロ・モンテダム 今日の海外注目記事 19年6月30日

The price of ‘progress’ in the Amazon,The Washington Post,19.8.29 Proponents, including Brazil’s president, hail development as an irresistible opportunity. Scientists warn that the area is on the precipice of an environmental crisis. ALTAMIRA, Brazil — Isolated indigenous tribes, three-toed sloths and stealthy jaguars still populate this corner of the Amazon rain forest. But now, it is ...

続きを読む

有明海再生の道袋小路 政治も行政も無策 司法は無力

諫干閉め切り22年 司法に限界 対話模索する市民 研究者「多様な利害関係調整を」 長崎新聞 19.4.13  国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防閉め切りから14日で22年になる。国は2017年4月、開門せずに漁業振興基金で和解する方針を示したが、解決の見通しは立たない。一方で、訴訟以外の対話を提起する動きが続いている。  「開門の賛否と別に、漁業者と農業者、市民の対話の場が必要です」-。3月15日朝、「諫早湾干拓問題...

続きを読む

やりたい放題 「残土ビジネス」 東京オリ・パラの陰で

東京の残土、三重に投棄 建設ラッシュ、過疎地しわ寄せ 東京新聞 19.2.13  二〇二〇年東京五輪・パラリンピックを控え、開発が続く東京都心のビル建設現場などで生じた大量の建設残土が三重県南部の紀北(きほく)町の山林に投棄され、景観悪化や崩落の危険が生じている。建設残土は産業廃棄物と異なり明確な規制ができない中、過疎地の安い山林が「残土ビジネス」の標的になっている。事態の深刻化を受け、三重県が投...

続きを読む

瀕死の有明海

 タイラギ7季連続休漁 県沖調査、成貝見つからず 佐賀新聞 18.11.22 →有明海再生への展望 東京で開催されたシンポジウムから グローバルネット 2018年11月(33号)  東日本大震災は、海は限りなく大きな存在であり、この間忘れかけていた自然への畏敬の念を取り戻す必要性を厳しく訴え、私たちの遠いふるさとである海とともに生きることの大切さを改めて認識させられました。この間、目先の経済成長と明日の...

続きを読む

遠のく有明海再生 無条件降伏したら100億円出す

<諫早問題>農相、非開門方針変えず 有明海再生、道のり遠く 佐賀新聞 18.10.19  大浦支所の弥永達郎運営委員長はタイラギ漁が6季連続休漁中で、今季も漁ができない見通しを説明し、「国の責任で長期的な事業実施計画を策定し、再生への取り組みを着実に実施して」と要望した。徳永組合長は4年前の組合長就任以降、吉川氏が6人目の農相である点を指摘した上で「われわれの要望は有明海の再生、この1点だけ。誠意と責任...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ