FC2ブログ

記事一覧

中国、米国農産物購入を年160億ドル増やすと確約 一体何を買うのだろう?!

農業情報研究所>グローバリゼーション>農水産物・食料品貿易>ニュース:2020年1月14日より転載 ロイター通信が、米国と中国が15日に調印する「第1弾」通商合意において、中国は米国農産品購入を向こう2年間で約320億ドル、年160億ドル拡大することを確約した、「17年実績の240億ドルと合算するとトランプ米大統領が目標としていた400億ドルとなる」と報じている。中国、第1段階合意で米からの輸入拡大を確約 農産品2...

続きを読む

日米貿易協定発効 日本の牛肉農家が生き残る道は?抗生・成長促進剤禁止

農業情報研究所>グローバリゼーション>農水産物・食料品貿易>ニュース:2020年1月3日より転載 日米貿易協定が発効した。牛肉の関税率は、TPP発効1年目ご同様、38.5%が26.6%に削減される(その後1年ごとに1%ずつ削減)。TPP発効1年目、カナダ産牛肉の輸入はほぼ倍増(95%)した(TPP発効1年 食肉、果実で輸入攻勢 日米控え警戒強まる 日本農業新聞 19.12.31)。同様に、今年は米国産牛肉の輸入が急増するだ...

続きを読む

米中貿易交渉部分合意 中国の米産農産品追加輸入も米国農民には焼け石に水

農業情報研究所>グローバリゼーション>農水産物・食料品貿易>ニュース:2019年9月27日より転載 米中貿易交渉が農産品、為替、知的財産権など特定分野に限定された「部分合意」あるいは「限定的合意」(limited deal)に達した。詳細は未公表だが、トランプ大統領によると、中国は米国農産品を年400-500億ド以上(貿易戦争前の2倍以上)購入するという(中国側報道ではこんな数字は出てこない。日本のトウモロコシ追加輸入と...

続きを読む

食糧危機が起きたら、自動車の鉄でもかめばいい

日米貿易協定は「和牛の終わり」か、懸念深める国内畜産農家 AFPBB 19.9.29 ・・・・・・  自動車などの製造業は、日本の名目経済成長率(GDP)の約20%を占め、経済成長のけん引役として期待がかかる。一方、農業がGDPに占める割合はわずか1%だ。  米政府は今回の貿易協定を「第1段階」と位置付けており、「第2段階」では自動車も交渉材料に含める意向を明らかにしている。米政府関係者は交渉のカギを握る争点とし...

続きを読む

中国が対米追加関税適用対象から大豆、豚肉を除外 シカゴ大豆相場が急騰

農業情報研究所>グローバリゼーション>農水産物・食料品貿易>ニュース:2019年9月14日より転載米国が中国製品に対する10月1日からの関税追加の実施を先延ばししたことに応え、中国が米国産品に対する追加関税の適用対象から大豆・豚肉を除外、輸入を奨励すると発表した。シカゴ市場が早速反応、大豆相場が急騰した。(農業情報研究所:小麦・トウモロコシ・大豆先物相場の推移より)China to exempt some US pork and soy impo...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ