FC2ブログ

記事一覧

汗も「かけない」近頃の若者 真夏の皇居一周マラソンでも熱中症はなかった 過保護日本人どこへ行く 

  近頃、汗を「かけない」若者が増えているらしい。汗は人間の体温調節には欠かせない機能だが、幼少期にあまり汗をかかなかったために能動汗腺が十分に増えなかった可能性がある。そのため熱中症にかかりやすく、気温が28度前後でも熱中症を起こす危険性がある。いきなり体温調節機能を失い、重度の熱中症の熱射病に陥る恐れもある。そんな研究結果を流通経済大客員教授で医師の五味常明さん明らかにした。汗がかけるかど...

続きを読む

日本人は神経質 ヒアリを扱うのに完全防護 フィリピン便り

ヒアリ【火蟻】に噛まれてみた→ヒアリー動画:https://youtu.be/XgcMlm6yUzQフィリピン農園便り...

続きを読む

核ごみ最終処分地「科学的特性マップ」は「科学的」?もっと実のある議論を(31日追補)

昨日(29日)伝えたように、資源エネルギー庁が原子力発電に伴って発生する「高レベル放射性廃棄物(核ゴミ)の最終処分場の候補地となり得る地域を示した「科学的特性マップ」を公表した。   ところが、29日に開かれた幌延深地層研究センターで研究されている高レベル放射性廃棄物の地層処分をテーマにした全国交流会において新潟大の立石雅昭名誉教授(地質学)が講演、政府が28日に公表した核のごみの最終処分...

続きを読む

核のごみ地層処分「科学的特性マップ」 急ぐべきは原発再稼働を止め、乾式貯蔵の道を探ること

資源エネルギー庁が7月28日、原子力発電に伴って発生する「高レベル放射性廃棄物(核ゴミ)の最終処分場の候補地となり得る地域を示した「科学的特性マップ」を公表した。 http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/nuclear/rw/kagakutekitokuseimap/ 核ゴミは「将来世代に負担を先送りしないよう、現世代の責任で、地下深くの安定した岩盤に埋設する(=地層処分する)必要」がある。 「この地層処分...

続きを読む

福島県 米の全量全袋検査見直し 田畑を襲う洪水土砂災害頻発の折 時期尚早

農業情報研究所(17年7月28日)より転載   福島県が福島第1原発事故後に続けている県産米の放射性物質濃度の全量全袋検査の見直しに着手した。27日に開いた2018年度以降の検査方法を検討する会議の初会合では過去の検査結果と科学的知見を踏まえ、一定の期間を置いて体制を見直す必要性を共有した。「全量検査を永久には続けられない」との認識で一致、見直し時期について「東京五輪のある2020年が一つの目安」と...

続きを読む

近畿3府県 リニア大阪延伸早期実現を求める合同会議 トンネル工事現場の苦悩を知れ

 大阪府と奈良・三重両県がリニア中央新幹線の大阪延伸の早期実現とルート・駅位置確定を要望するため9月に合同会議を開くそうである。  大阪府の松井一郎知事は「一日も早い着工、全線開業に向けた取り組みをさらに強化したい」、三重県の鈴木英敬知事は「早期実現のため、沿線自治体や経済団体の活動も新たな次元に移るべきだとの共通認識を確立させたい」と話す。  リニアでは京都府・市も中間駅誘致を目指している。...

続きを読む

野田が辞め、二階も続けば明るい日本?そうはいかない顔、顔、顔・・・

 自民党の二階俊博幹事長が本日、大阪市内で開かれた二階派の研修会であいさつし、「いいかげんなことを言って、そればかり喜んで、書く人がいる。われわれは料金を払って(新聞の)購読をしている。書く方も責任を持ってやってほしい」とマスコミに八つ当たりしたそうです。 二階氏は6月の都議選の応援演説でも「落とすなら落としてみろ。マスコミの人たちが選挙を左右すると思ったら大間違いだ」「われわれはお金を払って(...

続きを読む

殺虫剤売り上げ急増 オリパラの頃には都内もヒアリ天国?小池さん、ラジオ体操どころではありません

今朝のNHK首都圏ニュース(7時45分頃から)、大井ふ頭で「強い毒性」を持ち、刺されると時に「死に至る」こともあるヒアリが確認されたことを受けて、品川区にあるホームセンターはアリを対象とした殺虫剤の売り場を増やした。この店舗では、アリ用の殺虫剤の売り上げが今月10日からの1週間で去年の同じ時期より10倍以上になったほか、グループ全体でも例年の2倍近くに上っている。ホームセンターの店長は「当初は業務用での...

続きを読む

松山地裁 伊方原発運転差し止め仮処分申請を却下 誰が裁判官でも結論は同じ

松山地裁(久保井恵子裁判長)が21日、愛媛県の住民11人が四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分の申し立てを却下した。理由は、●新規制基準が「最新の科学的、専門技術的知見に基づくもの」で合理的、●四国電は周辺海域などを詳細に調査し、最長480キロの断層が動くケースなどを想定して基準地震動を設けており「不合理な点は認められない」というものだ。 差し止め仮処分 松山地裁も認めず 伊方原発 大...

続きを読む

リニア南アルプストンネル長野工区掘削開始 事業失敗を隠すセレモニー?大鹿村からの報告

農業情報研究所(2017年7月21日)より転載 JR東海が2027年に開通を目指す「夢」のリニア中央新幹線」(リニア)、最高時速500キロという超高速で東京・品川駅から愛知・名古屋駅までの286㎞を40分で結ぶ。さらに37年には大阪・新大阪駅まで延伸、438㎞を67分で結ぶという。 しかし、総工費9兆円もの大事業、JR東海の自己資金での実現は疑わしい。そこでリニアと新幹線(北海道、北陸)で「大阪や東京が大きなハブとなって、...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ