FC2ブログ

記事一覧

避難指示解除半年 帰還率2.4% 関係主要ニュース:2017年9月30日

原発7キロ、帰還進まず=「昔みたいに」85歳願う-浪江町、避難解除半年・福島 時事 17.9.30 原発PR、今も「びくともせず」 クイズの正解は「決して爆発しない」 伊方、施設展示変更へ 朝日新聞 17.9.30 <福島第1>サブドレン水位1ヵ所で「逆転」基準値を誤設定 河北新報 17.9.30 それでも東電「適格」?再処理工場>18年度上期完成「厳しい」原燃社長表明 河北新報 17.9.30 作業員被ばくで最終報告...

続きを読む

衆院解散 地方は政策論議の蚊帳の外 今必要なのは「希望の党」でなく「地方の党」

 衆院解散、「希望の党」創立と民進党解党を迎えて政治・政策をめぐる論議が花盛りだ。憲法改正、安全保障、原発政策、消費税、子育て支援・・・はどうなるのか、議論の対象は多彩だが、際立つ特徴は地方、農業・農村地帯が蚊帳の外に置かれていることだ。 「希望の党」には、安倍政権の看板政策であった「地方創生」や「農業改革」(農業・農村所得倍増)はもちろん、東日本大震災・原発事故被災地(復興)問題も、日米安全保...

続きを読む

ネオニコチノイドのハチの健康に対する影響―二つの最新研究の紹介

農業情報研究所(2017年9月29日)より転載    今年6月、ネオニコチノイドのハチの健康に対する影響に関する二つの画期的研究がScience誌上に発表された。二つの研究の最大の特徴は、農場やその周辺環境でのフィールドワークによって、今までの実験室での研究ではなし得なかった現実の世界での出来事を再現して見せたことにある。   一つは(1)、イギリス等の研究者から成るヨーロッパの研究チームが...

続きを読む

原発関係主要ニュース:2017年9月27-28日

原発の運転延長に反対 市議会で意見書可決 鹿児島放送 17.9.28汚染土壌1200トン不適切管理 第1原発敷地内、実施計画違反疑い 福島民友 17.9.28 <女川2号機>再稼働7割近く反対 東北電社長「厳しい数字」 河北新報 17.9.28 東海第二、事故に備え14市町村 新たな避難先確保へ(茨城) 東京新聞 17.9.28 経産省前「無届けデモ」男性逮捕で波紋続く微罪逮捕、国が批判封じ?(特報) 東京新聞 17.9.28 ...

続きを読む

それでも東電は「適格」ですー規制庁

柏崎刈羽原発で重大事故が起きたら? 事故時の備えは?(こちら原発取材班) 東京新聞 17.9.27 朝刊 4面汚染土壌1200トン不適切管理 第1原発敷地内、実施計画違反疑い 福島民友 17.9.28...

続きを読む

出来秋に解散なんて 農家のことなど少しも考えていない証拠

安倍首相はやっぱり農家(働く人たち)のことなんか考えていない。「地域農業を守ってきた以前の自民党とは違う。最近は荒っぽさが目立つ」   <衆院選>「出来秋に解散なんて…」農家困惑 河北新報 17.9.28...

続きを読む

人寄せパンダに群がる有象無象 政治屋は「希望」、国民は「絶望」

 政治家の「希望」は国民の「絶望」、人寄せパンダとは「動物園の動物の中でも特に人気のあるパンダのように、人を集める効果を持った人や物のこと。現在は、「人気はあるが実力が伴わない」という否定的・揶揄的な意味合いで用いられることが多い」そうである(実用日本語表現辞典)。   人気にあやかろうと集まる輩も、政治理念(民主主義、自由、平等、平和・・・、「希望」なんて政治理念は聞いたこともない)も定かで...

続きを読む

農地が発する放射能 無知蒙昧の“実務派”福島出身復興相 原発関係主要ニュース:2017年9月26日

農地汚染調査 復興相に申し入れ 基準の5倍…明確回答せず(坂本充孝の福島便り) 東京新聞 17.9.26 朝刊 4面  関連  ・福島県農民連が東電・国と交渉 農民 第1276号 2017年8月28日  ・農業者らの被ばく・健康被害に国は責任果たせ 福島の生産者が「怒りの行動」 農業情報研究 16.5.19  ・放射性物質汚染農地で働く農民の被ばく・健康問題 マスコミ=東京新聞が初めて取り上げた 13.8.19  ・福島県農業者の...

続きを読む

原発マネー 職員や住民自主性失う 原発関係主要ニュース:2017年9月25日

浜岡建設受け入れ50年 原発マネー依存 今も(静岡) 中日新聞 17.9.25 脱原発訴え届かず 玄海町議選で新人・平山氏 佐賀新聞 17.9.25 きょう午後、再稼働同意=大飯3、4号機-福井県おおい町長 時事 17.9.25 大飯再稼働備え避難訓練 京都・京北 京都新聞 17.9.25...

続きを読む

理解不能な田中前原子力規制委員長発言 安全確保の責任は誰が負う?

原子力規制委員会の田中俊一前委員長が退任を前に「原子力に賛成か反対かだけでなく、政策のあり方を国会で深く議論して欲しい」と国に異例の注文をつけたことは既に紹介した(規制委員長 国・国会も原発再稼働の責任を!パブコメに現れる国民の声を聴くのが先決では?)。この発言の背景について、24日付の河北新報記事は次のように説明する。 「政府はこれまで「規制委によって安全性が確認された原発は再稼働を進める」と繰...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ