FC2ブログ

記事一覧

貿易戦争必至 クレージーな気温上昇 今日の海外注目記事:2018年2月28日

EU mulls retaliation if US slaps import tariffs on steel,Deutsche Welle,18.2.28 European Union trade ministers have agreed they may retaliate if the US slaps import tariffs on steel and aluminum. The EU is reportedly drawing up a list of US products to target, including orange juice and bourbon.   関連 &nb...

続きを読む

米軍機タンク投棄 漁業補償は?  県こそ政治的 今日の注目記事:2018年2月28日

<米軍機タンク投棄>漁再開めど立たず「いつまで続くのか」水産業に深刻な打撃 河北新報 18.2.28   朝鮮人追悼碑訴訟、県が控訴市民団体も控訴へ 「表現の自由」再度主張の方針(群馬) 東京新聞 2.28...

続きを読む

福島第一原発は今? 移染完了いつの日か 関係主要二ュース:2018年2月28日

 動画集/地上から見た福島第一原発 東京新聞 18.2.28   <震災7年>中間貯蔵搬入3%止まり 仮置き場なお1100ヵ所超 河北新報 18.2.28 除染土埋め立てへ 実証実験に3億7千万円 東海村の新年度予算案(茨城) 東京新聞 18.2.28...

続きを読む

新潟、兵庫が種子法に代わる種子条例 地域に適した種子を県が安定供給

  農業情報研究所:2017年4月4日より転載 コメ、麦、大豆の優良種子確保を都道府県に義務づけてきた「主要農作物種子法(種子法)」が4月に廃止される。農家の間には優良種子を安価に・安定的に調達できなくなるのではないかという不安が広がっている。それが国の食料安全保障を脅かすのではないかと恐れる国民もいる。 このような不安を受け止め、国に代わって県が種子の安定供給を引き受けようとする動きが出始めた...

続きを読む

慰安婦虐殺映像 日中開戦? 福岡高裁=おカネで我慢されたし 今日の注目記事:2018年2月27日

 ソウル市、旧日本軍の「朝鮮人慰安婦」虐殺映像を初めて公開 中央日報 18.7.27   政府、沖縄本島にミサイル部隊検討 地対艦、中国をけん制 東京新聞 18.2.27 夕刊   <諫早訴訟>高裁が和解勧告 協議入り 決裂なら7月判決 佐賀新聞 18.2.27 福岡高裁、諫干請求異議訴訟で和解勧告 協議再開 決裂...

続きを読む

仮設、今すぐ出ろ 終わりなき汚染水との闘い 除染土で農地再生! 原発関係主要二ュース:2018年2月27日

  仮設打ち切り 怒りの春 「何もできねえうちから戻れって。早いんでねえか」 東京新聞 18.2.27 第1原発1・2号機で地下水流入量が急増 排水路の雨水逆流か 福島民友 18.2.27 いわきの災害公営住宅が完成 入居者に鍵引き渡し 福島民報 18.2.27 <復興拠点>福島・飯舘村は長泥に100ha 年度内に申請へ 河北新報 18.2.27...

続きを読む

東京マラソン=日本記録で1億円 原発事故=仮設提供のカネも出せない

同じ日本人の余りに対照的な境遇を何気なく伝える今日付けの東京新聞の二つの記事に日本人は何を想う?やっぱりこの国、どうかしている?ただ、1億円の報償にふさわしい生き方を生涯にわたり強要されるであろう悠太君(私の孫と同名である)には同情申し上げる。、   1.東日本大震災復興支援事業も無関係ではない東京マラソン2018で16年ぶりに日本記録を更新する走りで2位に入った設楽悠太に日本実業団陸上競技連合は...

続きを読む

働き方改悪 沖縄 諫早開門訴訟 注目記事:2018年2月26日

裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え 毎日新聞 18.2.25 長時間労働野放しの働き方改革 時代を100年前に逆戻りさせる  長周新聞 2.25   普天間即時運用停止を 宜野湾市議会が全会一致で抗議決議 事故原因の究明や再発防止策の徹底も 琉球新報 2.26 陸自弾薬庫に反対意見多数 宮古島保良で防衛省が説明会 琉球新報 2.26 山城議長の無実訴え、NYでデモ 新基地反対もアピール...

続きを読む

ムラ健在 除染土再利用?!・・・ 原発関係主要二ュース:2018年2月26日

 今もつながる「原子力ムラ」 関連法人 天下り24人 東京新聞 18.2.26 夕刊 「ミニ復興拠点」整備案を了承 飯舘・長泥地区の100ヘクタール 福島民友 18.2.26 約100ヘクタールの面積のうち約2ヘクタールを公営住宅など「居住促進エリア」に設定。残りを営農再開を見越した区域や村内の除染で出た土壌を同地区で再利用する環境省の事業で使う区域にする方針。 <福島第1原発>増設タンク来月運用開始 サ...

続きを読む

東日本大震災7年 諫早干拓=営農者が開門請求 今日の内外注目記事:2018年2月25日

<東日本大震災>被災農地「営農可」87% 原発事故が拡大の壁に 17年度 河北新報 2.25  <東日本大震災>入居7年感謝胸に 陸前高田・第一中仮設でお別れ会 河北新報 2.25 <震災7年>震災関連文書、散逸の恐れ 被災3県沿岸市町村の半数近くが特別措置なし 河北新報 2.25 <震災7年>震災関連文書 保存、選別基準課題に 河北新報 2.25   諫干問題 営農2社が開門請求へ 野鳥食害訴訟で...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ