FC2ブログ

記事一覧

福島避難者住宅支援 もんじゅ廃炉 原発関係重要ニュース 2018年8月28日

無償提供2020年3月終了 県の仮設・借り上げ住宅 福島民報 18.8.28 仮設・借り上げ住宅、無償提供終了へ 大熊と双葉除く帰還困難区域 福島民友 18.8.28   もんじゅ30日から燃料取り出し 原子力機構、環境整ったと判断 福井新聞 18.8.28             &...

続きを読む

「廃炉にすれば、計画は必要ないのでは」 東海第二避難計画

<点検 避難計画>策定未定の水戸市避難所すら確保できず(茨城) 東京新聞 18.8.28 避難計画 安全、スムーズ 難題直面(茨城) 東京新聞 18.8.28  東海第二原発の避難計画作りが難航するのは、約九十六万人という規模で、どう安全にスムーズに避難するかという根本的な課題が解決されないからだ。  策定のめどが立たない水戸市は、避難先予定の埼玉、千葉両県と、施設の受け入れ容量や物資の確保、避難所の...

続きを読む

東京電力は万死に値する 蓮池 透の「告発」

告発 ~日本で原発を再稼働してはいけない三つの理由 「規制の虜」の実態―新潟)蓮池透さん、東電の実態を「告発」 体験を新刊に 朝日新聞 18.8.27...

続きを読む

再稼動事前了解権 原子力機構 女川原発 原発事故被災者(地)支援 原発関係重要ニュース 2018年8月27日

  <原発再稼動>立地以外も事前了解権「茨城方式」の意義 山田・東海村長に聞く 河北新報 18.8.27 原子力機構 研究炉3年半ぶり再稼働も2つの難題 科学記者の目 日本経済新聞 18.8.27 <女川原発>再稼働審査大詰め 東北電、申請から4年8ヵ月 来春「合格」の可能性 河北新報 18.8.27 夫の遺志継ぎ福島の子支援...

続きを読む

「逃げたくない」 「難しい話ですね…」 大飯・高浜同時事故 住民避難(2)

原発事故時の本音「逃げたくない」 福井で原子力総合防災訓練 福井新聞 18.8.27  内浦半島の5キロ圏の住民は訓練で、午前8時すぎの高浜原発の全面緊急事態宣言を受けて避難を始めた。一方、直線距離で14キロ離れた大飯原発は既に全面緊急事態となっており、内浦半島は屋内退避の区域に入る。ヘリや船に乗る前の午前9時すぎに大飯原発の事故が進展し、放射性物質が大気中に放出されたとの想定では、避難直前に大量の放...

続きを読む

大飯・高浜同時事故 住民避難大変 首相がなすべきは緊急事態宣言ではない、即刻の原発停止宣言だ

それこそ国民の命を守るべき首相がやらねばならないことではないか。 大飯と高浜、同時原発事故で初訓練 首相が「原子力緊急事態宣言」 福井新聞 18.8.25 原発事故時、災害弱者避難に課題 老人施設で搬送訓練 福井新聞 18.8.26 搬送時「渋滞懸念」も 大飯、高浜原発同時事故訓練(福井) 中日新聞 18.8.26 大飯・高浜訓練 ヘリ救助 天候影響、定員も制限 即時避難 不安ぬぐえず 東京新聞 18.8.26 朝刊...

続きを読む

原発労働者に被ばくと苛酷な労働を強い、搾取するのは東電の“体質”か

今も昔も原発作業員「使い捨て」40年前の聞き取り調査から分かる実態(特報) 東京新聞 18.8.26 朝刊 24-25面(国連特別報告者 日本政府は除染作業員被ばく・搾取のリスクに対応をも)  知らざあ言って聞かせよう。天下のブラック企業たァ東電がことだ! ...

続きを読む

大飯・高浜避難 汚染牧草 福島第一作業員 京大研究炉 原発関係重要ニュース 2018年8月25日

 大飯と高浜、同時原発事故で初訓練 福井新聞 18.8.25 <汚染廃>すき込み実験 大崎の牧草調査でセシウム不検出 河北新報 18.8.25 福島廃炉 危険手当分の賃金増額 東電除く4社、男性と和解 東京新聞 18.8.2 原子力施設「断念を」/ピースサイクル道南 大間町などに要請 東奥日報 18.8.25 米国への核燃料返還遅延の恐れ - 京大研究炉、地元が反対 奈良新聞 18.8.25...

続きを読む

陸自オスプレイ佐賀配備 最後はやっぱり金目だった 県が100億円要求

<オスプレイ>漁業者「寝耳に水」 受け入れに困惑  佐賀新聞 18.8.25 <オスプレイ>100億円は佐賀県からの申し入れ 佐賀新聞 18.8.25 <オスプレイ>次の焦点は公害防止協定 佐賀新聞 18.8.25<オスプレイ>佐賀市長、公害防止協定の重み強調 佐賀新聞 18.8.25<決断の波紋・オスプレイ知事受諾>(中)「国防に協力」に縛られ 「安全性確認」の内実 佐賀新聞 18.8.25<解説>オスプレイ配備受諾 プロセス省...

続きを読む

ブラジル裁判所 グリホサートを含む製品の登録一時停止令を取消し

農業情報研究所>2018年8月25日より転載 アマゾン南部・マト・グロッソ州の「大豆王」*と呼ばれるブラジルのBlairo Maggi農相が、ブラジル裁判所がモンサント(現在Bayer AG所有)の除草剤・グリホサートを含む製品の登録を、国家衛生監督庁(ANVISA)の再評価審理中は一時停止するという命令を取り消したことを明らかにした。 *アマゾンを破壊し、貧困を助長するブラジル輸出拡大戦略 農業情報研究所 04.4.9  グリホサー...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ