FC2ブログ

記事一覧

福島第一原発 泊再稼働 原子力防災 原子力機構 世界核ごみ危機 原発関係主要ニュース 2019年1月31日

 事故8年 福島第一ルポ 問われる反省 東京新聞 19.1.31 朝刊 29面     泊原発の再稼働反対 市民団体の連絡会、署名3万6千人分を道に提出 北海道新聞 19.1.30  道内64の市民団体でつくる「泊原発を再稼働させない北海道連絡会」は30日、メンバー約40人で道庁を訪れ、北海道電力泊原発(後志管内泊村)の再稼働に反対す...

続きを読む

とめてくれるなおっかさん 駅伝名門何処へ行く

大学がおかしい 批判タテカンの学生に「圧力」管理強化で上意下達横行(特報) 東京新聞 19.1.31 朝刊 26-27面   作家の橋本治さん死去 「とめてくれるな おっかさん」 朝日新聞 19.1.29...

続きを読む

米小型核弾頭開発 地上―ジス 今日の内外注目記事 19年1月29-30日

  USA starts making new weapons for nuclear war with Russia,Engrish Pravda,19.1.30 米、小型核製造を開始 トランプ政権、ロシアに対抗 東京新聞 19.1.30  【ワシントン=後藤孝好】米エネルギー省は、トランプ政権がロシアに対抗する狙いで、爆発力を抑えた低出力の小型核弾頭の製造を開始したと明らかにした。米公共ラジオ(NPR)が二十八日に伝えたところによると、十月までに少数の核弾頭が海軍に引き...

続きを読む

原子力政策予算 除染土中間貯蔵 除染土埋立 使用済み核燃料乾式貯蔵 原発関係主要ニュース 2019年1月30日

原子力・再生可能エネルギーに使われる税金は? 2019年度政府予算案 東京新聞 19.1.30  2019年度の政府予算案は、1月28日に開会した通常国会で審議が始まった。原子力関連では、東京電力福島第一原発事故に伴う汚染や損害賠償・廃炉に巨額の負担が続く。原発の再稼働は進まず、海外輸出は行き詰まっているにもかかわらず、新型原子炉の研究開発費も計上された。一方で再生可能エネルギー関連の予算も増えている...

続きを読む

「海がつぶされていく様子を毎日見ている」 テレビが決して伝えない沖縄の現実と首相の嘘

   目に余るテレビの安倍首相忖度。ひと(他人)の奥座敷が土足で踏み荒らされるのを平然と見ている(いられる)人(人間)としての感性の欠如はどこから来たのだろう。 辺野古反対派住民が提訴 埋め立て承認巡り〔共同〕 日本経済新聞 19.1.29 米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県による埋め立て承認撤回の効力を、国土交通相が停止した決定は違法だとして、移設に反対する住民ら1...

続きを読む

原子力規制 原子力防災 原発等立地地域 放射性廃棄物 福島第一原発 原発関係主要ニュース 2019年1月29日

原子力規制 規制委、新検査制度を試行 柏崎原発 29日から 新潟日報 19.1.29  原子力規制委員会は2020年4月、原発の保安検査に新検査制度を導入する。定められた項目を確認する現行の「チェックリスト」方式の検査から、検査官の判断で自由に設備や情報にアクセスして確認する体制に改める。東京電力柏崎刈羽原発では今月29日から、現行の保安検査と並行して新制度に基づく検査を試行する。  現行の保安検査...

続きを読む

放射線健康影響は気のせい!?原発関係主要ニュース 2019年1月28日

震災後「放射線ニコニコしている人に影響ない」 山下・長崎大教授「深刻な可能性」見解記録 東京新聞 19.1.28 東京電力福島第一原発事故の直後、福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの山下俊一・長崎大教授が子どもの甲状腺被ばくについて「深刻な可能性がある」との見解を示したと、国の研究機関「放射線医学総合研究所」(放医研、千葉市)の文書に記されていたことが分かった。国の現地派遣要員らが集う「オフサイトセ...

続きを読む

辺野古 新護岸着港工 周辺サンゴに影響なし!?

新たにN4護岸の造成に着手 サンゴ移植せずに工事を加速 琉球新報 19.1.28  米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を進める沖縄防衛局は28日午前、新たにN4護岸(135メートル)の造成に着手した。  沖縄防衛局が同日午前9時46分に発表した。  名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖では午前11時すぎ、運搬車両が砂浜に採石を投入し、ショベルカーで固める様子が確認された。  移設工事に...

続きを読む

脱原発デモ 富岡避難訓練 南相馬小高 原発関係主要ニュース 2019年1月27日

脱原発を訴え市民らがデモ JR膳所駅前(滋賀) 中日新聞 19.1.27 大津市民らが呼び掛け人となり、月に一回、原発再稼働などに異議を唱えているデモ行動「脱原発 市民ウオークin滋賀」が二十六日、同市のJR膳所駅前であった。 富岡から郡山...「避難」訓練 原子力災害想定、町民ら300人参加 福島民友 19.1.27 県と富岡町は26日、原子力災害を想定した広域避難訓練を行い、郡山市に設けた避難所への町民移動や放...

続きを読む

成長ホルモン肉しか食べられなくなる!それで牛肉消費が減れば結構なことだが

TPP発効1カ月牛肉輸入増、国産に脅威 昭和の文豪、著作権「20年」延長(特報) 東京新聞 19.1.27 朝刊 24-25面  昨年暮れに環太平洋連携協定(TPP)が発効してまもなく一カ月。早速、影響が出始めている。牛肉の輸入は急増し、一月上旬だけで前年一カ月の半数に達した。直接影響を受けそうな国内の畜産業者は警戒を強めている。一方、著作権の保護期間がこれまでの死後五十年から七十年に延長されたことで、インタ...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ