FC2ブログ

記事一覧

辺野古 2019年2月22日

自公、民意突き放す沈黙 24日辺野古県民投票投票率抑え、反対票の重み消す狙い(核心) 東京新聞 19.2.22 朝刊 <税を追う 辺野古埋め立て強行>(中)赤土疑惑、論点ずらす 「法的根拠示せ」立ち入り拒む政府 東京新聞 19.2.22 朝刊 「国連へ働きかけたい」と県民投票にエール ホワイトハウス請願署名のロバートさん 辺野古ゲート前で 琉球新報 19.2.22 地盤改良の砂量、11倍に 辺野古 軟弱層70%...

続きを読む

フランス有機農業躍進 若者の多くは倫理(動物福祉)を理由に有機食品を選ぶ 値段は気にしない

 農業情報研究所>19年2月22日より転載     ドイツの昆虫保護法制定の動き(ドイツ 昆虫保護法制定へ グリホサート完全禁止、夜間照明制限などアクションプランも,19.2.18)に続き、これも日本人は夢のようなヨーロッパの話。   フランスの有機農業(l'Agriculture Biologique)開発・促進機関=l'Agence bioが発表する年次消費バロメーターによると、18-24歳の若者世代の有機産品選好理由が他の...

続きを読む

首都圏にも原発の灯? デブリ取り出しいつのこと 原発関係主要ニュース 2019年2月21日

東海第2 再稼働方針固める 原電 茨城県と6市村に伝達へ 茨城新聞 19.2.21 日本原子力発電(原電)が東海第2原発(東海村白方)の再稼働を目指す方針を固め、茨城県と周辺6市村に近く意向を伝える方向で調整していることが20日、関係者への取材で分かった。再稼働を巡り、6市村は事前同意の対象だが、半径30キロ圏に住む約96万人の避難計画策定の見通しが立っておらず、原電が同意が得られるかは不透明な状況だ。 <福島第1...

続きを読む

辺野古 2019年2月21日

護岸延長、埋め立て続く 辺野古新基地 沖縄タイムス 19.2.21 辺野古「人ごとでない」 京都で緊急集会や上映会、県民投票前に 京都新聞 19.2.21 辺野古新基地建設 あなたが沖縄県民なら? 松戸でシール投票(千葉) 東京新聞 19.2.21 <税を追う 辺野古埋め立て強行>(上)軟弱地盤伏せ土砂投入 住民憤り「国、いつも問題後出し」 東京新聞 19.2.21  エメラルドグリーンの美(ちゅ)ら海に、赤茶けた土砂...

続きを読む

迷惑千万日米安保 地方がソッポ

  イージス・アショア:秋田と日米安保(3)演習が示した対米追随 秋田魁 19.2.21 地上イージス、反対決議求め4請願 県議会、来月6日に採決 秋田魁 19.2.21 イージス・アショア:秋田と日米安保(2)低空飛行横行「わが物顔」 秋田魁 19.2.21 オスプレイ常態化 受け入れられない 伊勢市長が防衛省伝達 三重 伊勢新聞 19.2.20 イージス・アショア:秋田と日米安保(1)緊急着陸、県民蚊帳の外...

続きを読む

原発事故被災民切り捨て 帰還困難区域からの避難者への住宅無償提供も打ち切り

  福島県の内堀雅雄知事は記者会見などで一貫して、避難指示区域外からの避難者を含めた実態調査をする必要はなく、避難者の個別の相談に対応するとの姿勢を示している.。 このお調子者が被災者に寄り添えるとは思えない。せいぜい復興音頭を歌うだけだ。              縮小続く避難者への住宅支援  原発被害者連絡会幹事・村田弘(ひろむ)さんに聞く【長久保宏美のリポート福島】 東京新聞 1...

続きを読む

原発政策 (相変わらず)決められない国民民主

原発など3項目調整 国民と自由政策協議 「対小沢」「原発に火種」 岩手日報 19.2.20 3面  「自由の脱原発政策に対しても、電力系労組から支援を受ける国民内に異論がある」...

続きを読む

ゲップする牛は地球上のすべての車以上に気候にダメージ

Farming and food groups warned of ‘burping cow’ risks,FT.com,19.2.20 Livestock emission fear put the wind up food industry,Financial Times,19.2.20,p.14...

続きを読む

福島第二原発 除染廃棄物 避難者訴訟 女川原発 泊原発 原発関係主要ニュース 2019年2月20日

福島第二原発と中間貯蔵施設の今 東京新聞 19.2.20 朝刊 4面 放射線汚染土 押しつけ反対 東京新聞 19.2.20 朝刊 5面 「発言」欄     原発事故避難 国に5度目賠償命令 横浜地裁 東電の責任も認定 東京新聞 19.2.20  →「水素爆発は回避できた」「裁判所の十分な理解が得られなかった(規制庁)」 <女川原発...

続きを読む

「水素爆発は回避できた」「裁判所の十分な理解が得られなかった(規制庁)」

原発事故避難 国に5度目賠償命令 横浜地裁 東電の責任も認定 東京新聞 19.2.20  東京電力福島第一原発事故の影響で福島県から神奈川県などに避難している六十世帯百七十五人が、国と東電にふるさとでの生活を奪われた慰謝料など約五十四億円を求めた訴訟の判決で、横浜地裁(中平健裁判長)は二十日、両者の責任を認め、百五十二人に対する約四億二千万円の支払いを命じた。  全国で約三十の同種の集団訴訟で八例目...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ