FC2ブログ

記事一覧

急げ! 沖縄米軍基地関係ニュース 2019年4月25日

辺野古土砂 別の港から 沖縄補選 反対派当選でも 東京新聞 19.4.25 夕刊  政府は二十五日、米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設工事で、同県本部町(もとぶちょう)の本部港から埋め立て用土砂を搬出するための作業を始めた。これまで名護市の民間桟橋からのみ搬出していたが、本部港も加えることで移設方針は揺るがないとの政府の姿勢を示す狙いがあるとみられる。 ...

続きを読む

放射線健康影響 原発テロ対策 東海第二原発 泊原発 福島森林汚染 原関係主要ニュース 2019年4月25日

「安全性ばかり強調」国の放射線副読本を市教委が回収 京都新聞 19.4.25 拍手! 電力会社の甘さ一蹴規制委例外認めず テロ対策未完、原発停止(核心) 東京新聞 19.4.25 朝刊 2面 原発の対テロ施設、見通せず 規制委「5年以内」を要求(茨城) 東京新聞 19.4.25  東海第二は規制委から昨年十月十八日に工事計画の認可を...

続きを読む

オスプレイ騒音 湧水汚染 沖縄基地関係ニュース 2019年4月24日

22時を過ぎているのに… オスプレイ2機が深夜に94デシベル 宜野湾で連日夜間騒音「非常に迷惑」 琉球新報 19.4.24  【宜野湾】米軍普天間飛行場で22日、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ2機が航空機騒音規制措置(騒音防止協定)で定められた時間を過ぎた午後11時ごろまで飛行した。県と市による騒音測定調査では、宜野湾市の上大謝名公民館で午後10時59分に最大94・1デシベルの騒音が発生した。23日もオスプレイなどの午後1...

続きを読む

小型原発 楢葉町 原発テロ対策 原子力規制  原関係主要ニュース 2019年4月24日

政府、パリ協定戦略案小型原発推進 世界評価狙う 東京新聞 19.4.24  政府は23日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に基づき、今世紀後半のできるだけ早期に温室効果ガスの排出量を実質的にゼロにする「脱炭素社会」を目指すとした長期戦略案をまとめた。脱炭素化のためには小型原発の開発も念頭に「あらゆる選択肢を追求する」とした。 ...

続きを読む

小型原発活用 人は破滅への道をひた走る

 政府が温室効果ガスの排出量を実質的にゼロにする「脱炭素社会」を目指す長期戦略案をまとめた。石炭火力発電への依存度を可能な限り引き下げ、原発の再稼働を推進するほか、「原子力関連技術のイノベーションの促進」、「小型原発の一種である小型モジュール炉」の活用をめざすそうである(政府、パリ協定戦略案小型原発推進 世界評価狙う 東京新聞 19.4.24)。  しかし、原発は小型であっても、未だに安全な処分方法が...

続きを読む

沖縄重要ニュース 2019年4月23日

沖縄県、係争委申し出 埋め立て承認撤回取り消し「国交相裁決は違法」 国、選挙結果無視し工事 琉球新報 19.4.23  米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、玉城デニー沖縄県知事は22日、県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の決定を不服として総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」(係争委)へ審査を申し出る文書を送付した。審査申出書で県は、辺野古移設を進める国の機関である国土交通省による裁決...

続きを読む

死語と化した司法の独立権 「忖度」裁判

安保法違憲訴訟、平和的生存権認めず 札幌地裁、請求退ける 北海道新聞 19.4.22  集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は憲法に反し、平和的生存権を侵害されたとして、道内の412人が国に損害賠償などを求めた集団訴訟の判決が22日、札幌地裁であった。岡山忠広裁判長(広瀬孝裁判長代読)は「平和的生存権は法律上保護された具体的な権利とは言えない」とし、請求を全面的に退けた。安保法の違憲性については判...

続きを読む

アマゾン雨林 蔵王アオモリトドマツ 環境(森林)関係注目記事 2019年4月22日

Rainforest warriors prepare to fight Bolsonaro,Financial Times,19.4.22,p.3 Indigenous tirbes and their supporters are furious at Brazil president’s plan to open protected land for commercial use. Brazil’s rainforest warriors ready to battle Bolsonaro,FT.com,19.4.18 The Kayapó war cry resounded deep in the Amazon, the world’s largest rainforest. Four dozen warriors, their headdresse...

続きを読む

危機に瀕する資本主義 農業景観激変 アメリカ社会に何が?

追随する日本にはない変化が起きつつある? Capitalism in crisis: U.S. billionaires worry about the survival of the system that made them rich,The Washington Post,19.4.20 PALO ALTO, Calif. — A perfect California day. The sun was shining, a gentle breeze was blowing and, at a Silicon Valley coffee shop, Rep. Ro Khanna was sitting across from one of his many billionaire constituents discussi...

続きを読む

Jヴィレッジ再開 使用済み核燃料再処理 韓国脱原発 原発関係主要ニュース 2019年4月21日

Jヴィレッジ再開 復興イメージ先行懸念 高い線量、鈍い帰還…課題山積 東京新聞 19.4.21 「努力を重ねれば再生を果たせる。復興五輪の象徴となる」。内堀雅雄知事は三月の記者会見で、聖火リレーの出発地となったJヴィレッジに県全体が復興に向かう姿を重ねた。しかし四月上旬には当時の桜田義孝五輪相が「復興以上に自民党議員の方が大事だ」と発言。安倍晋三首相は桜田氏を更迭したが、被災地では「本音が漏れた」としら...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ