FC2ブログ

記事一覧

福島生業訴訟 イチエフあの時 全国の原発 福島第一原発 浪江メガソーラー 福島漁業 女川再稼働 東海再処理施設 核ごみ処分(寿都、神恵内) 原発関係主要ニュース 2020年9月30日

号外:国と東電に責任 原発事故生業訴訟 [09月30日 14:45] 福島民報 20.9.30 福島第一原発事故で二審も国と東電に賠償責任認める 仙台高裁 東京新聞 20.9.30  東京電力福島第一原発事故の被災者約3650人が国と東電に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁(上田哲裁判長)は30日、国と東電に対して、3550人に総額約10億1000万円を支払うよう命じた。一審福島地裁判決に続き国と東電の責任を認め、救済...

続きを読む

何ための福島「原子力災害伝承館」 存在意義が問われる

こんな苛酷事故が何故起きたのか、何故防げなかったのか。「伝承館」の目的はこれを伝え、これが二度と起こらないように人を戒めることにある。国、行政、東電にとって「不都合な真実」を伝えないというのでは、まさに「伝承館」の存在意義が問われる。   「原発の『安全神話』とも言われたが、世の中に絶対はないということが事故の教訓であり、看板の展示はその戒めでもある」(伊沢史朗双葉町長)(双葉町の原子力災...

続きを読む

イチエフあの時 福島生業訴訟 核ごみ処分-北海道・ドイツ 指定廃 黒い雨 原発関係主要ニュース 2020年9月29日

<ふくしまの10年・イチエフあの時 事故発生当初編>(6)計器、弁…もろい電気仕掛け 東京新聞 20.9.29 朝刊2面 計器や弁の操作用に、かき集めたバッテリーで対応する作業員=東京電力提供  建屋地下が水没し、ほぼ全ての電源を失った東京電力福島第一原発(イチエフ)では、原子炉の水位や冷却装置などを操作するどころか、状況もほと...

続きを読む

部品が配管に落下したら一帯は火の海 羽田新飛行ルート

羽田新ルート訴訟 第一回口頭弁論 原告側「危険区域の飛行は違法」 国は争う姿勢 東京新聞 20.9.29  羽田空港(東京都大田区)の発着枠拡大のため3月に運用が始まった旅客機の新飛行ルートは、危険で騒音の影響も大きいとして、ルート直下の住民ら29人が国に運用の取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、東京地裁(清水知恵子裁判長)であった。国側は争う姿勢を示した。  羽田新飛行ルートの運用の取り...

続きを読む

カリフォルニアワインが消える!?

  (カリフォルニアワイン産地 ソノマとナパ 2002年筆者撮影) 動画:ワイン名産地で山火事、数万人が避難 米加州 AFPBB 20.9.29 ワイン名産地で山火事、数万人が避難 米加州 AFPBB 20.9.29  米加州の山火事、ワイン産地ナパバレーにも 日本経済新聞 20.9.29 米西部カリフォルニア州で山火事の被害が広がっている。27日未明には、ワイン産地として有名なナパバレーのブドウ園にも火の手が及...

続きを読む

浪江町津島地区 原子力災害電伝承館 女川再稼働 核ごみ処分 原発関係主要ニュース 2020年9月28日

旧津島村丸ごと区域に 拠点外の扱い最大の課題【復興を問う 帰還困難の地】(32) 福島民報 20.9.28  双葉郡の最北部に位置する浪江町の面積は二万二千三百十四ヘクタール。郡内八町村で最も広い。その約八割に当たる一万八千百三十九ヘクタールが東京電力福島第一原発事故により帰還困難区域となった。全市町村における帰還困難区域の総面積...

続きを読む

イギリスで大規模昆虫農場建設 蛋白生産の効率は大豆の300倍と言うが・・

農業情報研究所>農業・農村・食料>欧州>ニュース:20年9月28日よりフィナンシャル・タイムズ紙が報じるところによると、イギリス政府が同国最初の産業規模の昆虫農場建設を支援している。 農場を建設中のEntocycle社は、家畜飼料向け蛋白質としてフェニックスワームと呼ばれるアメリカミズアブの幼虫500万匹を飼育、その糞は肥料として園芸産業に販売することを計画している。  政府はこのプロジェクトに1000万ポンドを...

続きを読む

石炭火力 石木ダム 羽田新ルート F35B配備 沖縄基地 東日本大震災 今日の内外注目記事 20年9月26-27日

     旭化成、石炭火力ゼロに 工場用の自家発電で 日本経済新聞 20.9.27 旭化成は2030年までに工場の電力を賄う自家発電用設備で石炭火力の使用をゼロにする。自社の水力発電所の発電能力の増強などで代替する。米アップルなどの有力企業は環境負荷の高い電力で生産した製品を買い控える動きを見せている。政府が環境規制を強めるなか、より収益に直結する民間取引が企業に「脱石炭」を迫っている。 旭...

続きを読む

福島第一事故「生業訴訟」 帰還困難区域 福島復興 女川再稼働 JCO臨界事故核ごみ—寿都・神恵内 原発関係主要ニュース 2020年9月27日

原発事故賠償の天王山、「生業訴訟」判決の行方 東洋経済Online 20.9.27 仙台高等裁判所で9月30日、国と東京電力を相手取った福島第一原子力発電所事故の被災者による「生業(なりわい)訴訟」の判決が予定されている。 原告の総数は3627人と、原発事故の被害救済を求めて全国で争われている約30件の訴訟のうちで最も規模が大きい。国および東電の両者を相手取っての高裁判決としては初めての事例となり、原発事故訴訟の「天王...

続きを読む

菅迷語録 「復興拠点」は「処分区域」 何のこっちゃ!

福島県を視察した菅義偉首相が、福島第一原事故に伴う帰還困難区域内の「特定復興再生拠点区域(復興拠点)」のことを「特定復興再生処分区域」と話したそうである(「復興拠点」は「処分区域」? 福島県視察で首相発言、訂正なし 福島民友 20.9.27)  その意味は首相以外誰にも分らないが、国の発展の足を引っ張る福島は復興どころか切り捨ててしまいたいという本音が出た可能性もある。  「『福島の復興なくして東北...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ