FC2ブログ

記事一覧

核のごみ 原発関係主要ニュース 2020年12月31日

  <シリーズ評論 核のごみどこへ>15 北欧2国 信頼得て選定 都留文科大教授・高橋洋氏(51) 北海道新聞 20.12.30  私は、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の建設を進めるフィンランドと、建設地が決定したスウェーデンを視察した経験がある。着目したいのは両国とも、処分場選定に伴い国から巨額のお金がもらえる「交付金」制度がない中で処分地を決めたことだ。日本のように「...

続きを読む

徳島鳥インフル 「開放型鶏舎」を「密閉鶏舎」に改めよの愚 AW尊重に舵を切れ

農業情報研究所>意見・論評・著書等紹介>農業・農村・食料関係>2020年12 月31日よ転載 「西日本の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの発生が相次ぐ中、19日には徳島県内で初めて阿波市の養鶏場で確認された。・・・専門家は、県内にはウイィルスを媒介する動物が侵入しやすい構造の「開放型鶏舎」が多いため、「感染が広がる恐れがある」と警戒を強めるよう呼び掛けている」。  県も「農家に対し、侵入防止対策を取るよ...

続きを読む

ナラ枯れ インド農業改革 アフリカ農業機械化 今日の内外注目記事20年12月29-30日

  枯れたミズナラ巨木群が白骨死体のように見えます。 何度でも訴えたい 石川の山からクマたちの命の糧、ミズナラの木が消えてしまっているのです くまもりNEWS | 石川県 20.12.29  →飯豊山麓:(農業情報研究所:季節の便り2012年6月26日より)          インド農民、モディ農業...

続きを読む

福島第一原発 福島第一汚染水 ふげん使用済み核燃料 原発関係主要ニュース 2020年12月30日

福島第一に高濃度汚染部分 2・3号機 廃炉工程見直しも 朝日新聞 20.12.30 原子炉建屋最上階の床面に据え付けられたシールドプラグ  東京電力福島第一原発の2号機と3号機で、原子炉格納容器の真上にあるふたのような部分が極めて高濃度に汚染されていることが、原子力規制委員会の調査で判明した。事故時に格納容器から漏れた放射性物質が大...

続きを読む

辺野古 「工期に遅れはあるが、進行は順調」 バイデン氏安全保障政策大丈夫?

軟弱地盤の存在で完工さえ危ぶまれるのに「着実に進行」とは?バイデン氏の政権移行チームの頼りなさが露呈。バイデン氏、辺野古新基地「着実に進行」 計画、維持の方針 安保政策草案に記載  沖縄タイムス 20.12.30 【平安名純代・米国特約記者】バイデン次期米大統領が名護市辺野古の新基地建設計画を継続する方針を固めていたことが28日までに分かった。埋め立て承認などで揺れたオバマ政権以降、同計画は着実に進...

続きを読む

横浜IR誘致 食料価格 ストップ食品廃棄(フランス) 今日の内外注目記事20年12月29日

 林市長の反対意見を発表「意義見いだしがたい」 横浜市のIR誘致の住民投票条例案 東京新聞 20.12.29 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を進める横浜市は二十八日、誘致の賛否を問う住民投票を実施するための条例案と、条例案に付ける林市長の反対意見を発表した。来年一月六日開会の市議会臨時会に提出する。 市長意見は、条例制定の直接請求がされたことについて「市民の皆さんの関心の表れと受け止めて...

続きを読む

幌延深地層研探検 原発事故あの時―相馬市長 福島第一汚染水 大熊町 原発関係主要ニュース 2020年12月29日

核ごみ処分研究の最前線 地下350メートルの実験施設 幌延深地層研究センターに潜った 北海道新聞 20.12.29  北海道北部の幌延町にある地下350メートルの坑道で着々と進む「核の模擬ごみ」埋設試験や、核廃棄物をくるむ「人工バリア」の性能試験…。北海道西部の寿都町と神恵内村で高レベル放射性廃棄物(核ごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査が2020年11月に始まった。設置から約20年、核ごみの処分方法を研...

続きを読む

大深度地下トンネル工事 馬毛島 超伝導リニア技術 今日の注目記事 20年12月28日

  <調布陥没>58軒に家屋被害 騒音や振動の体感は102軒「子供も体調不良で不眠に」 住民が初の調査 東京新聞 20.12.28  東京外かく環状道路(東京外環道)の地下トンネルルート上にある東京都調布市の住宅街で市道が陥没し、地下に空洞が見つかった問題で、地元住民らでつくる「外環被害住民連絡会・調布」は27日、独自に実施した各戸の被害状況調査結果を発表した。回答した132軒のうち58軒がドアや床の...

続きを読む

原発事故あの時―楢葉町長 関電使用済み核燃料中間貯蔵 原発関係主要ニュース 2020年12月28日

【証言あの時】楢葉町長・松本幸英氏 『以降』取れ...政府圧力 福島民友 20.12.28  「町民に寄り添うことを基本としていたが、政治判断をしなければならない時があった」。国道6号を多様な車が行き交い、東日本大震災前の姿を取り戻しつつある楢葉町。町長の松本幸英は、慎重に言葉を選びながら複合災害に向き合ってきた思いを語り出した。  2011(平成23)年3月12日、楢葉町は東京電力福島第1原発事故を受...

続きを読む

住宅真下リニアトンネル 川辺川ダム 外来種水草 横浜IR誘致 今日の注目記事 20年12月26-27日

川崎・リニア建設計画 「住宅の真下 トンネル不要」 市民団体批判、調布の道路陥没受け(神奈川) 東京新聞 20.12.27  東京都調布市の住宅街で、東京外かく環状道路(外環道)のトンネル工事ルート上に道路陥没や空洞が生じた問題は、リニア中央新幹線予定地にも波紋を広げた。川崎市内の計画地周辺の住民らでつくる市民団体は「住宅の真下に巨大トンネルはいらない」と改めて批判、建設の中止を求めている。 (山本哲...

続きを読む

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ