FC2ブログ

記事一覧

世界飢餓人口8億2100万人 気候変動で10年前の水準に逆戻り

農業情報研究所2018912日より転載

国連食糧農業機関(FAO)が911日、世界の飢餓人口(the number of hungry peopl)は過去3年にわたり増え続け、2017年には82100万人、10年前にレベルに逆戻りしたと発表した(Global hunger continues to rise, new UN report says)。

南米とアフリカの大部分の地域で状況は悪化しており、アジアを特徴づける栄養不良の減少傾向も鈍化している。

何が飢餓人口増加をもたらしているのか。紛争・経済危機とともに、干ばつ、長期にわたる異常高温、早すぎる、あるいは遅れた雨季の到来と不規則な降水など、気候変動に伴う気まぐれ気候という。

気候変動は遂に地球に住む人々への食料安全保障を脅かす決定的な転換点にまで到達したのだろうか。

今年の世界の農業気象災害については既に報告した世界の農業気象災害 2018年世界の農業気象災害 2018年(2)に加え、オーストラリア穀物生産の最新予測が示す惨状:Drought bites in the east as ABARES forecasts 12pc cut to grain production,ABC Rural News,18.9.11.Australian Crop Report: September 2018​ No. 187 PDFABARE)>を付け加えておく。猛暑、異常低温、雨不足、大雨、強大化する台風・・・、危機は日本にも迫っている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア