FC2ブログ

記事一覧

福島第一 40年で廃炉など誰も保証できない

福島第一原発3号機 炉内はどこまで分かったか(こちら原発取材班) 東京新聞 18.9.12 朝刊 4

 昨年7月に東京電力福島第一原発3号機では、水中ロボットにより原子炉内にたまる溶け落ちた核燃料(デブリ)の様子が初めて撮影された。その後、得られた動画を基に、炉内の構造物がどうなっているか3次元画像に再現された。
 過熱した核燃料により厚さ15㌢の圧力容器には大きな穴が開き、圧力容器内にあるはずの制御棒のガイドパイプ(直径約28㌢)が格納容器に落下。円形の作業用足場(直径約5㍍)も脱落--
 デブリと鋼材がごちゃごちゃに堆積しており、あらためて廃炉の厳しさを印象付けた。(山川剛史)。 

 Fukushima nuclear plant shutdown may take Japan longer than predicted 40 years, warns U.N. agency,CBSNews, April 22, 2013/AP

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア