FC2ブログ

記事一覧

福島第一原発事故の除染作業員らの被ばく対策は不十分 原発関係主要ニュース 2018年9月13日

除染、被ばく対策不十分 福島事故 国連人権理で報告 東京新聞 18.9.13 夕刊

 【ジュネーブ=共同】国連人権理事会は十二日、有害物質の管理・処分と人権への影響などを討議する会合を開いた。トゥンジャク特別報告者は、東京電力福島第一原発事故の除染作業員らの被ばく対策は不十分で「日本政府は政策を見直すべきだ」と指摘した。福島など地元の人々との話し合いが重要だとも強調した。

 トゥンジャク氏は、日本政府は被ばく対策で「できることを全てやらねばならない」と述べ、健康被害防止などの取り組み強化を求めた。日本政府は発言しなかった。

 会合では非政府組織(NGO)関係者も発言、日本政府に対策強化を求める声が相次いだ。

 トゥンジャク氏ら人権理の専門家三人は八月、福島第一原発事故の除染作業員ら数万人が被ばくの危険にさらされているとして、日本政府に緊急対策を求める声明を発表。政府は一方的な情報に基づくとして「緊急で対応が必要な状況とは考えていない」と反論した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア