FC2ブログ

記事一覧

伊方3号機再稼動容認 大分地裁決定 現在の科学の水準で何が分っているのか

 大分地裁(佐藤重憲裁判長)が28日、大分県の住民が求めた伊方原発3号機の運転差し止めの仮処分申し立てを却下する決定をした。

 3号機再稼働を容認 「火山対策は合理的」 伊方原発 大分合同 18.9.29
 大分地裁も運転容認 伊方原発差し止め認めず 東京新聞 18.9.29

 最大の焦点であった阿蘇山の噴火リスクについて、先の広島高裁の決定と同様、原発運用期間中の破局的噴火が差し迫っているとは言えず、原発は安全性に欠けないとした。これが決め手である。「原発運用期間中の発生が差し迫っているといえなければ「危険性は社会通念上、無視できる」。またしても、恐らくは自分でも確信が持てないような「社会通念」の援用だ(伊方3号機再稼動容認 発生頻度低い破局的天災に対する無策は社会通念 時評日日 18.9.28)。 「裁判所は、うまく説明できないことを社会通念という言葉を使って逃げている」(伊方原発差し止め却下に住民怒り 「司法は国の言いなりか」 [大分県] 西日本新聞 18.9.29

  しかし、そもそも裁判官に何が判る? 裁判官は言う。「現在の阿蘇は、マグマ溜まりの状況、カルデラ噴火の前兆現象の不存在、地殻変動から見たマグマ7の蓄積状況といった諸点からすると、本件原発の運用期間中に、VE16以上の巨大噴火が生じることが差し迫ったものといえないことが裏付けられているといえる」(決定要旨)。

 「難しい数字や物理が出てくる事件もなかにはある。普通の裁判官の理解をはるかに超える事件である」、しかし、「法律家に求められているのは、物理的に難解な現象の仕組みの理解ではなく、そのような現象が起こることが当時の科学の水準で予測できたかなのである。・・・これは、立派な法律問題であり、裁判官にもできることだ。・・・最近、原子力発電所の運転差し止めの仮処分をめぐって、裁判官は原子力のことは分らないのだから、専門家の意見に従うべきだという論調も見られるが、前記の観点からすれば、この見解には疑問がある」(原田國男 数学と裁判官 裁判官の余白録 『世界』 20169月号 212-13頁)。

 この(大分地裁)裁判官は、阿蘇山の破局的噴火について、彼自身が理解できなくてもいい、現在の科学の水準で何が分っているかを知ればいいし、知るべきなのである。

例えば、広島高裁異議審第2回審尋における抗告人提出書面:第6補充書(補充書(2)への反論2018628日付)を読みさえすれば、現在の科学の水準が「マグマ溜まりの状況、カルデラ噴火の前兆現象の不存在、地殻変動から見たマグマ7の蓄積状況といった諸点からすると、本件原発の運用期間中に、VE16以上の巨大噴火が生じることが差し迫ったものといえないこと」を「裏付けている」などとはとてもいえないことを直ちに理解できるだろう。

この裁判官は、それを怠り、裁判官としての最低限の責任を放棄してしまったのである。「現在の科学では予測できない以上、自然の脅威に謙虚に向き合い、最大限の安全を追求すべきだ」(大分地裁伊方稼働容認 司法による「安全神話」危惧 愛媛新聞 18.9.29)というのに。

関連論調

大分・伊方決定 社会通念というリスク 東京新聞 18.9.29
原発の火山噴火対策は万全か 日本経済新聞 18.9.29

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア