FC2ブログ

記事一覧

グローバル化は止められない 弱者救済社会システムを―P・ラミー前WTO事務局長

自由貿易の土台 まず国内から パスカル・ラミー氏  日本経済新聞 18.10.5

米欧で自由貿易への反発が広がるのはなぜか。痛みを感じる弱者が適切に扱われていないからだ。グローバル化の勢いが増す一方で、弱者を救済する社会システムが衰えている。ポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭は、国内の問題に原因がある。

だから保護主義を封じ込めるには、求められる努力の80%程度を国内に向けなければならない。労働市場や失業保険、年金・医療などの問題を解決する必要がある。

・・・私はグローバル化よりも、民主主義の未来を懸念している。グローバル化の流れはせき止められないが、それに対する反応が民主主義の脅威になりかねない。必要なのは市場経済と社会的な統合の両立だ。適切な社会システムを構築し、資本主義の負の側面を相殺することではないだろうか。

 

(弱者は労働者・女性・児童・高齢者・障害者・医療難民・・・だけではない。小農民・農村・後発地域・衰退鉱工業地域住民でもある。彼らを救済する適切な社会システムが必要だ―安倍晋三とその追随者へ  農業情報研究所)

 

農業情報研究所の以下の記事も参照されたし

 

欧州委員会 グローバル化の悪影響を受けた労働者を助ける基金創設を提案 06.3.3

 

不平等拡大が貧困削減の障害 WTO交渉はこの問題を看過ー国連人間開発報国 05.9.12

 

ヨーロッパ人はグローバリゼーションをどう見ているかーEUの調査報告 05.6.2

 

フランス国民 EU憲法批准を拒否 グローバル化「犠牲者」の勝利 05.5.30

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア