FC2ブログ

記事一覧

フランスに広がる反グリホサート運動 一般市民が尿検査と訴訟に参加

農業情報研究所18.10.6より転載

フランス議会は、マクロン大統領が約束した除草剤・グリホサート(ラウンド・アップ)から3年以内の廃止(マクロン大統領 3年以内にグリホサート廃止の約束果たせず 議会が法案否決18.9.16>)を、農業者への悪影響を理由に、最終的に見送った(Le projet de loi sur l’agriculture et l’alimentation définitivement adopté,Le Monde,18.10.3)。

 しかし、これが<他人の命を危険にさらし>、<環境を損傷する>ことを恐れるフランス市民の反グリホサート運動に火を付けたようだ。

 フランス人の体の中には、公式の許容量の2倍?10倍?20倍?一体何倍のグリホサートが存在するのか?この単純な疑問に答えるべくアリエージュ県の環境活動家団体・グリホサートキャンペーン協会(l’association Campagne glyphosate)が始めた尿検査運動が一般市民に広がり、今やフランス全土の市民が自分の尿を分析に差し出し、裁判に訴えるに至っている。

 ドイツの試験所で尿を分析してもらうために85ユーロ(約11000円)かかる。その上、訴訟に参加するためには平均135ユーロ(約18000円)払わねばならない。

 それにもかかわらず、同協会、1015日、第一弾として50の訴訟をフォワ(アリエージュ県県庁所在地)大審裁判所(地裁)に申し立てるという。

 La mobilisation des « pisseurs involontaires de glyphosate » prend de l’ampleur,Le Monde,18.10.5

 日本ではグリホサートは野放し。せめて市民は言わず、農家の尿検査でも始めたらどうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア