FC2ブログ

記事一覧

搾乳できなかったから乳房炎になったは「嘘」 根室台地の獣医師はそう言った

農業情報研究所2018107日より転載

狂牛病騒動以来知り合った「北海道根室台地の乳牛の獣医師さんが、地震による停電で搾乳できなかったから乳牛が乳房炎になったとの話が流れていると言っている。

搾乳できなかったから乳房炎になるという嘘の話が流れる そりゃおかしいぜ 第三章 2018,.10.6

例をあげると、釧根で乳牛の乳房炎拡大 停電で搾乳できず発症 胆振東部地震(北海道新聞 18.9.12);北海道地震1週間 乳房炎多発 死亡牛も 回復兆候見せず地域経済に打撃 標茶、別海町(日本農業新聞 18.9.13)。

乳牛は搾乳しないと乳房炎になるというのは「社会通念」であるかのごとくだ。私もも、そういうものかとすっかり思い込んでいた。

だが、この獣医さんは言う。

「私は現在、無理せず昼も夜も牧草地に出て草を食べている、健康な牛を飼って健全な経営をしている農家しか診療に歩いていません。その農家のうち、発電機を持っていなかった農家は、その間搾乳をしませんでした。ほぼ2日間搾乳せずに、乳牛たちは外で、乳房が張り切って搾ってほしいと、「モーモー」泣いていましたが、搾りませんでした。

その二日間で、最初に搾った牛乳は粘度が高く異常乳で、二日間は廃棄しました。しかしそれで乳房炎になった牛はほとんどいません。私の乳房炎の診療も格段増えたわけではありませんでした。特段感染していなければ、搾らなくても乳房炎にはなりません。搾らなかったので乳房内で牛乳が再吸収されて、粘度が高くなったので、獣医さんたちが乳房炎になったと判断したのでしょうが、誤診でしょう」

しかし、農水省は、「停電の影響で搾乳・生乳出荷ができず、乳牛が乳房炎などを発症した酪農家向けに治療費を支援する」(乳牛治療費など支援 農水省 地震や台風被害対象 北海道新聞 19.8.29)。科学的根拠が確認されない「社会通念」がここでもまかり通っているのだろうか。「社会的通念」というものは本当に恐ろしい(社会通念 原発関係主要ニュース 2018年10月6 時評日日)。

私も気をつけねば。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア