FC2ブログ

記事一覧

沖縄基地問題 教条主義が国民的議論を封じ込める?

「辺野古議論深めて」幻に 小金井市議会 土壇場 意見書案採決見送り 「全国が候補」 文面理由に共産賛意撤回 東京新聞 18.10.14 朝刊 29

 「普天間飛行場は無条件で閉鎖・撤去」→「本土移転は容認できない」


 共産が謝罪文 普天間「本土移設も選択肢」同意しがたく… 小金井市議会 沖縄タイムス 18.10.7

「沖縄にさらに新基地を押し付け、犠牲を強いることは絶対反対だ。普天間飛行場は無条件で閉鎖・撤去するべきだ」と主張。「普天間の代替施設について『全国の自治体を等しく候補地とすること』という項目は『オール沖縄』の共通の旗印とはいえない」とした。

 

 〈解説〉小金井市議会、陳情を採択 普天間 「当事者意識」に注目 琉球新報 18.9.27

「普天間、必要なら本土移転」 東京・小金井市議会が陳情採択 国民的な議論促す 沖縄タイムス 18.9.26 


 [平安名純代の想い風]翁長知事が闘った相手は誰なのか 沖縄タイムス 18.9.2

 翁長知事は、2015年12月2日の代執行訴訟第1回口頭弁論の意見陳述で、「政府は民意にかかわらず強行している。米施政権下と何ら変わりない。日本に地方自治や民主主義はあるのか。沖縄にのみ負担を強いる安保体制は正常か。国民に問いたい」と沖縄に自分の荷物を持たせている人たちに向かって訴えた。

 日本政府は日本国民の動向には敏感だ。例えば普天間の移設先をどこにするかという議論が日本で巻き起こっていたならば、辺野古の新基地建設を強行する日本政府の横暴ぶりも少しは変化していたかもしれない。

 沖縄の地方自治を尊重せず、沖縄を追い詰め、国全体の安全保障の問題を一つの県に閉じ込める。翁長知事が「ウチナーンチュ、ウシエティナイビランドー」と訴えた

 翁長知事は、正面から沖縄差別を訴えた。沖縄差別をなくすために、自分にできることは何なのか。考えてほしい。(平安名純代・米国特約記者)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア