FC2ブログ

記事一覧

大津市 メガソーラー設置を許可制に 強制力ある規制に向けてひとすじの光明

 滋賀県大津市がメガソーラーなど太陽光発電施設の設置を許可制とする規制素案をまとめた。届出制を導入する自治体は多く、県内でも草津市が設置を届け出制とする規制を導入しているが、強制力のある許可制が導入されば西日本初となる。3月末までに成案化し市民意見公募などを経て、新年度の条例化を目指すという。

 

 素案によると、規制対象は、事業用地面積が500平方メートル以上か、高さ5メートルを超える規模で、地面に設置する施設。屋根や屋上への設置は対象外とする。景観や安全性を考慮し、市内の歴史的風土特別保存地区を「禁止区域」とし、国定公園や風致地区、土砂災害特別警戒区域などを「抑制区域」に指定する。

 抑制区域内に設置する場合は、「地域住民との合意形成」を許可要件とする。具体的には、設置業者は近隣住民や自治会に対し事業計画の説明会を開催。意見が出た場合は住民と協議し、その結果を市長に報告する義務を課すことなどを想定している。

 その他の区域に設置する場合でも、住民との合意までは求めないが、設置前の説明は義務付ける。

 施設の安全性を担保するため、雨水や排水対応、地盤など、都市計画法や建築基準法、宅地造成規制法に準じる措置を求める。景観面ではパネルの色は黒や濃紺などとし、公共空間から見えないよう、樹木などで目隠しするよう義務付ける。違反があれば勧告後に許可取り消しや業者名公表などの措置をとる。市都市計画課は「市内でも事前説明がないなど住民からの苦情がある。法律を補完する範囲で規制していきたい」と言っているそうである。

 

ガソーラー設置は許可制に 大津市素案、近隣トラブル回避へ 京都新聞 17.1.22

 

メガソーラー設置をめぐる問題とトラブルは全国各地で発生、深刻度を増しているが(太陽光発電、ガソーラーと環境・自然破壊)、国は強制力を持つ規制に一向に動かない。その理由は不可思議というほかない。そんな中、強制力ある規制を導入しようする自治体が現れたことを大いに歓迎する。全国の多くの自治体もこれに続くことを期待したい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ