FC2ブログ

記事一覧

法治国家 温暖化 ブラジル大統領選と科学・環境 今日の内外注目記事 18.10.31

法治国家

辺野古工事再開へ 県の承認撤回、国交相が効力停止 東京新聞 18.10.31

 安倍晋三首相は衆院本会議で「法治国家として必要な法的手続きが行われたと認識しており、尊重すべきものだ」と効力停止の正当性を主張。「普天間飛行場の一日も早い全面返還を実現する」と新基地建設を進める考えを重ねて示した。

 玉城氏は都内で記者団に、自身が新基地反対を掲げて当選したことを挙げ、効力停止を「民意を踏みにじり、法治国家にあるまじき行為だ」と批判。「法の趣旨をねじ曲げてでも工事を強行しようという、国の対応に強い憤りを感じる」と語った。

辺野古基地問題 法治国の否定に等しい(社説) 東京新聞 18.10.31

 法治国の否定に等しい政府内の自作自演に失望する。沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設を巡り、国土交通相は県の承認撤回の効力を停止。工事再開を認めた。民意尊重の誠意こそ必要なのに。

 法治主義を軽んじてまで基地建設に突き進み、何が得られるのか。日米同盟のために沖縄の民意を踏みにじっていいはずがない。

温暖化

東南アジアのアジ、熊野灘に 温暖化影響、三重大教授ら発表(三重) 中日新聞 18.10.31

ブラジル大統領選

Brazil’s new president adds to global threat to science(Editorial)  Nature 30 October 2018

The election of Jair Bolsonaro is bad for research and the environment.http://feeds.feedburner.com/~r/nature/rss/current/~4/xFiZ6Rzyy80

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ