FC2ブログ

記事一覧

市長たちはどちらを見ているのか。業者の方ばかり見ているんじゃないか

【太陽光発電は人を幸せにするか】(16)業者は工事を強行 決め手がない伊東市は住民と業者の板挟みに 産経新聞 18.11.4

 「市長たちはどちらを見ているのか。業者の方ばかり見ているんじゃないか」

 10月24日夜、静岡県伊東市八幡野の八幡野コミュニティセンターで小野達也・伊東市長(55)出席のもと、行われたタウンミーティングは怒号も飛び交う激しいものとなった。

 八幡野で建設計画がある伊豆高原メガソーラーパーク発電所の敷地内で、事業主体の伊豆メガソーラーパーク合同会社(静岡県伊東市八幡野)が10月15日、小型のユンボで掘削作業を始めたことが背景にあった。

 伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会など反対派のメンバーは伊東市に通報するとともに、翌16日には朝から現地で監視作業を始めた。

 8月10日、事業用地の進入路付近の掘削を小規模ながら始め、その都度、反対派の伊東市への通報、伊東市の行政指導が繰り返された。だが、事業用地の開発はゆっくりとではあるが、着実に進んでいる。タウンミーティングでの怒号は、工事を強行する事業者側に対して、行政が無力であることに対するいらだちの爆発とも見てとれる。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ