FC2ブログ

記事一覧

原発政策―北海道電 女川再稼働・廃炉 原発関係主要ニュース 2018年11月4日

<原発のない国へ 全域停電に学ぶ> (1)北海道電安定供給を犠牲に 東京新聞 18.11.4 朝刊 1

 北海道電は泊原発(泊村、総出力二百七万キロワット)と、石炭が燃料の苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(厚真町、同百六十五万キロワット)を電源の柱としてきた。二つの総出力は、一日の最大需要五百二十五万キロワット(一七年度)の七割以上を占める。

 しかし、一二年五月に泊が定期点検で停止。柱の一本を失った中、頼りの苫東厚真が地震で止まった。

 「一二年から六回の冬を越してきたが、それだけ道民を危険にさらしてきた」。電力業界に詳しい橘川武郎(きっかわたけお)・東京理科大大学院教授は、北海道電の供給態勢のあり方を厳しく批判する。

 北海道電は、原発を再稼働させて「二本柱」に戻そうと必死だった。有価証券報告書によると、一三~一七年度の五年間に、停止中の泊原発に千八百八十七億円を投じた。火力や水力を含めた発電所への投資総額は三千七百三十八億円。実に半分以上が、原発への投資だった。

 投資は、再稼働に必要な新規制基準適合に向けた工事費が中心。しかし原子力規制委員会の審査は停滞し、再稼働は見通せない。

 結果的に、他の発電所への投資が後手に回った。北海道電は大手電力十社の中で北陸電力とともに、出力の調整能力が高い液化天然ガス(LNG)の火力発電所を稼働させていない。緊急時に電力を地域間で融通する基盤も弱い。本州とつなぐ北本(きたほん)連系線の容量は六十万キロワット。四国-本州の約六分の一、九州-本州の約九分の一という小ささだ。

 

<女川原発再稼動>住民投票へ署名1.7万人 市民団体中間報告、さらに上積み訴え 河北新報 18.11.4

 

<廃炉の課題 女川原発1号機>(下)経済合理性/費用増大 再稼働焦る 河北新報 18.11.4

 廃炉には多額の費用がかかる。東北電力は女川原発1号機(宮城県女川町、石巻市)の廃炉費用を2017年度末時点で432億円と想定していた。
 電力会社は廃炉に必要な費用を解体引当金として積み立てている。東北電は既に想定費用の約7割に当たる296億円を積み上げ、残りは今後6年で引き当てる。
 東北電の原発4基分の費用は以前、毎月の電気料金に上乗せされていた。標準家庭(月の電力使用量260キロワット時)の場合、月12円程度を支払っていたことになる。
 東北電は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響を踏まえて13年9月に電気料金を引き上げた際、再稼働が見通せない女川1~3号機の解体引当金を原価算定に織り込めなかった。このため現在は収益から捻出している。
 担当者は「原発が再稼働すれば火力発電の燃料費などを削減でき、その分を未引当金に積み上げる」と説明する。ただ廃炉に伴い生じる放射性廃棄物の処分などで、費用が想定より膨らむ可能性がある。
<新電力が台頭>
 震災で傷ついた東北電の経営基盤は回復途上。廃炉以外にも再建に向けた不確定要素がある。
 電力小売りの全面自由化から2年半が過ぎ、東北電管内でも企業や家庭が料金などを比べて事業者を選ぶ機運が広がっている。電力・ガス取引監視等委員会の7月のまとめによると、東北6県と新潟県の販売電力量全体に占める新規参入事業者(新電力)の比率は13.7%に上った。
 中でも企業向けの高圧(契約電力50キロワット以上、2000キロワット未満)は新電力の比率が24.5%に達した。
 東北に本社を置く新電力の幹部は「東北電の牙城は崩れている」と自信を見せ、こう言い切った。「販売電力の競争が激化する中、利益を生まない廃炉は足かせになる」
 競争に勝ち抜くため、東北電が是が非でも実現したいのが女川2号機の再稼働だ。原田宏哉社長は1号機の廃炉を表明した10月25日の記者会見で「2号機に経営資源を集中して早期の再稼働を目指す」と強調。再稼働を競争に生かしたいという焦りをにじませた。
<安全対策続く>
 2号機は13年12月、原子力規制委員会への審査を申請したが、事故後の規制強化で追加の安全対策工事が相次ぐ。今年10月には規制委から「論理展開が十分検討されていない」と追加資料の提出を求められ、19年1月に審査を終えたいとする東北電の方針も不透明感が漂う。
 東通原発(青森県東通村)は審査が序盤でつまずき、女川3号機は審査の申請時期も見通せない。
 審査の長期化、安全対策費の増大、そして廃炉が現実となり、原発の経済合理性は揺らいでいる。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ