FC2ブログ

記事一覧

秋サケ不漁 海の異変、ここにも

 本州一の漁獲量を誇る岩手県沿岸の秋サケ漁が、昨年に引き続き今年も不振にあえいでいる。特に沿岸南部の漁獲量が、不漁に終わった昨年をさらに下回り深刻な状況だ。ただ単価は高値だった昨年より値を下げ落ち着いており、ふ化・放流事業用の採卵も計画通り推移している。

 県漁獲速報によると、沿岸の漁獲量は20日現在で3206トン。不漁だった昨年の同期に比べ5.4%増えたが、過去5年間の平均漁獲量の6割程度にとどまっている。
 地域別の漁獲量は、前年同期比で県北の田野畑176.1%、田老153.5%に対し、県南の大船渡70.6%、釜石81.4%。沿岸南部の不振が顕著だ。
 沿岸南部では今年、まひ性貝毒の発生が長期化しホタテの出荷規制で大きな打撃を受けた。綾里漁協(大船渡市)の佐々木靖男組合長は「クロマグロの漁獲規制もあってトリプルパンチだ」と嘆く。
 県水産技術センター(釜石市)は、海水温の上昇でサケが沿岸に接近しにくいのではないかと分析。太田克彦漁業資源部長は「北部には比較的海水温の低い海域があり、地域差が出ている」と語る。

 <秋サケ漁>今年も苦戦 岩手南部深刻7~8割に 河北新報 18.11.28

 → 宮城のワカメ、猛暑で不作の危機 種苗不足、県外から取り寄せ急場しのぐ 河北新報 18.11.26

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ