FC2ブログ

記事一覧

NICE Future もんじゅ後継 原発輸出 古里喪失訴訟 東海第二 原発関係主要ニュース 2018年12月4日

 <原発のない国へ>原子カムラの抗い(上)生き残りへ作戦会議 東京新聞 18.12.4 朝刊 1

 さながら、原発の生き残りを懸けた「作戦会議」のようだった。大規模な国際会議なのに、非公開。開催の記者発表もない。

 英文の会議名を訳せば「原子力がエネルギー転換期において直面する課題と機会」。二十二カ国から百三十人のエネルギー官庁の高官や研究者、原発メーカー幹部らが十一月十三、十四日、東京・霞が関の経済産業省に集まった。

 「作戦」は、複数の参加者への取材で漏れ聞こえてきた。原発で、太陽光や風力といった再生可能エネルギーの不安定な出力を補完し、温室効果ガスの排出削減に取り組む「パリ協定」を満たそうというのだ。

 「再生エネだけでは、パリ協定の目標達成は不可能だ」。世界原子力協会のキリル・コマロフ会長のプレゼンテーションに、大きな拍手が湧いた。

 経産省資源エネルギー庁の武田伸二郎・原子力国際協力推進室長は温暖化対策として、小型原発の開発方針を表明した。「二〇四〇年ごろに新しい原発が稼働するには、将来の建設のためのデザインを今、始めないといけない」と述べた。

 「原発の価値をどうすればPRできるか」をテーマにした討論では、英国のNPO代表が「再生エネとの組み合わせへの賛成は七割を超える」と報告した。

 会議を開いたのは、米政府などが主導する「クリーンエネルギーの未来のための原子力革新(略称NICE Future)」という連合体。その狙いを会議前の十月、来日した米エネルギー省のダバー科学担当次官が語った。

 「原子力がクリーンエネルギーに含まれるようにすることだ」

 原発は発電で温室効果ガスを出さないが、「核のごみ」を出し、事故を起こせば深刻な被害を及ぼす。とてもクリーンとは言えず、一〇年から続くクリーンエネルギー大臣会合で前面に出ることはなかった。

 米トランプ政権になるとエネルギー省のペリー長官が、昨年六月の中国での大臣会合でNICEを提案し、今年五月にデンマーク会合で正式に発足させた。・・・

もんじゅ後継、今世紀後半 実用化目標の工程表骨子 東京新聞 18.12.4

 廃炉が決まった高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)の後継機開発について議論する経済産業省の作業部会は三日、実用化の目標時期を今世紀後半とする高速炉開発に関する工程表の骨子を取りまとめた。民間の創意工夫や競争を取り入れ、今後五年間程度はもんじゅと同じナトリウム冷却型だけでなく幅広いタイプの技術開発を支援し、二〇二四年以降に採用可能な技術を絞り込むとした。

トルコ原発、建設断念へ 三菱重工など官民連合 日本経済新聞 18.12.4

政府や三菱重工業などの官民連合がトルコの原子力発電所の建設計画を断念する方向で最終調整に入った。建設費が当初想定の2倍近くに膨らみ、トルコ側と条件面で折り合えなかった。トルコでの原発新設は日本政府のインフラ輸出戦略の目玉の一つ。国内で原発の新設計画が見通せないなか、日本は原発戦略の立て直しを迫られる。

トルコ原発輸出、断念へ 三菱重工、巨額建設費で難航 東京新聞 18.12.4 夕刊

 安倍政権は世界への原発輸出を成長戦略の柱に掲げ、首脳同士のトップ会談で積極的に売り込んできた。しかし、東京電力福島第一原発事故の影響を受けた安全規制の強化による原発の建設費の上昇や、地元住民の反対で、輸出計画は頓挫する例が相次いでいる。

 これまで政府と国内原発メーカーはベトナムやリトアニア、台湾への輸出を計画してきたが、いずれも相手側が中断を決定。東芝も原発子会社だった米ウェスチングハウス・エレクトリックが経営破綻し、英国など海外での建設事業から撤退した。

 トルコへの輸出計画が失敗に終わると、残る主要計画は日立製作所が英国の小さな島アングルシー島で進める建設計画だけになる。この計画も当初のコストを大幅に上回っており、日立は建設するかどうか二〇一九年末までに最終判断することにしている。

<福島第1原発事故>古里喪失訴訟 住民側、賠償上乗せ要求 河北新報 18.12.4

 東電は国の賠償基準(中間指針)を超える賠償を「合理性を欠く」と指摘。原発事故の過失も「巨大津波の予見は困難で、事故は防げなかった」と改めて主張した。

県議選 候補者92人アンケート(1) 再稼働「賛成」ゼロ 「反対」27(茨城) 東京新聞 18.12.4

 日本原子力発電東海第二原発(東海村)の再稼働の是非について、本紙が県議選の候補者九十二人にアンケートしたところ、「賛成」はゼロ、「反対」が二十七人、「どちらとも言えない」「無回答」が六十五人だった。反対理由には、三十キロ圏約九十六万人を対象にした避難計画作りが難しいことや、運転開始から四十年以上経過し老朽化していることを不安視する声が多かった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア