FC2ブログ

記事一覧

泊原発  島根1号廃炉 台湾日本食品輸入禁止 原発関係主要ニュース 2018年12月8日

泊原発の発電機不良 3年以上規定逸脱 北電、ミスを陳謝 北海道新聞 18.12.8

 北海道電力泊原発3号機(後志管内泊村)の非常用ディーゼル発電機が2009年の運転開始時から約9年間接続不良だった問題で、北電は7日、約3年3カ月の間、原発の運用ルールを定めた保安規定を逸脱した状態だったと発表した。北電は同日、原子力規制委員会にこうした事実を報告した。規制委は詳しく調べる方針だ。

 北電が定め国が認可した保安規定によると、泊原発1~3号機の各基に関し、原則的に運転中は非常用発電機2台、停止中は1台が緊急時に即応できるよう義務づけている。今回は非常用発電機1台の制御盤で端子の接続が正常に固定されておらず、11月9日の点検時に作動しないトラブルが発生。規制委が今月5日に「09年の運転開始から不安定な状態が続いていた」と指摘していた。

島根原発1号機廃炉へ 解体作業を公開 日本新新聞 18.12.8

 中国電力は約30年かけて行う島根原発1号機(松江市鹿島町)の廃止措置作業で7日、初めての解体作業を報道陣に公開した。協力会社の作業員らが原子炉建屋の外にある窒素ガス制御系の配管を切断。同制御系の解体撤去作業は12月末の完了を予定している。

 廃止措置作業は2017年7月に始まり、汚染状況の調査や未使用燃料の搬出などを行ってきた。

 窒素ガス制御系は、原子炉運転中の事故防止のため格納容器内に窒素ガスを充塡(じゅうてん)するための装置。放射線管理区域外設備のみを解体撤去する第1段階(17~21年度)の作業で最初に解体することになり、3日から準備作業を進めていた。

Food ban hard to defend due to opacity: officials,Taipei Times,18.12.8

台湾の日本食品輸入禁止正当化は難しい

Unlike Canada, New Zealand and the US, Taiwan and China have placed blanket bans on all produce from certain areas, while demanding evidence and certification for food products from elsewhere in Japan, Chang said.

Canada and New Zealand have removed checks for nuclear contamination at their borders, while the US only bans specific foods from certain areas, Chang added.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア