FC2ブログ

記事一覧

よくぞ言ってくださいました、キーンさん 本来なら日本人が言うべきこと

 ・・・この連載を始めて今年で六年目になるが、ほぼ毎回、手紙が届く。・・・これまで一番、手紙が多かったのは、昨年九月にリオデジャネイロ五輪の報道を批判したときだった。新聞もテレビも、日本選手の活躍ばかりを大きく報じた。その影響で他のニュースが押しつぶされ、まるで全体主義国家にいるような気分がした。

 ・・・あれから九カ月たって、私の懸念はますます深まっている。最近では、東京五輪でのテロ対策にかこつけた「共謀罪」法案が衆議院を通過した。

・・・私はもともと東京五輪には反対だ。まだ時期ではない。「復興五輪」と銘打ちながら、東日本大震災や原発事故の被災地の復興とは無関係だ。むしろ、五輪関係の公共事業によって職人が不足し、復興の遅れや費用の高騰を招いていると聞く。原発事故の後始末もこれからだ。

 被災地にもスポーツ観戦が好きで、東京五輪を楽しみにしている人もいるだろうが、大震災から六年たっても、それどころではない被災者も少なくない、

 五輪の競技施設の建設にしても、東京都知事が代わって、少し見直しをしただけで何百億円の事業費が減額となったことは、誰が見ても不可解だ。まだまだ、五輪の光に隠れている闇はあるはずだ。

 ・・・東京五輪の開催返上は非現実的にせよ、その光に幻惑されずに、批判すべきを批判し、報ずべきを報じるジャーリズムが試されていると思う」。

 五輪の闇 報じるべき(ドナルド・キーンの東京下町日記) 東京新聞 17.6.11 2面トップ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ