FC2ブログ

記事一覧

東海第二県説明会 女川原発審査 柏崎原発断層 原発関係主要ニュース 2019年1月26日

東海第二・避難計画や再稼働是非 県民の声聞く機会を設置へ(茨城) 東京新聞 19.1.26

出席していた村上達也前東海村長は「これだけの内容を短い時間で説明するのは無理。説明会をやったというアリバイ作りでは話にならない」と指摘

<女川2号機>東北電、審査スケジュールを7月終了へ延期 河北新報 19.1.26

 東北電力は25日、原子力規制委員会による女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の新規制基準適合性審査について、今年7月中の審査終了を目指すと発表した。これまでは今月中としていた。審査スケジュールの延期は5回目。再稼働の前提となる安全対策工事完了時期は2020年度で変わらない。

柏崎原発は「断層調査が不完全」 住民団体が東電に申し入れ 新潟日報 19.1.26

 東京電力柏崎刈羽原発に反対する住民団体「柏崎刈羽原発市民研究会」などは25日、東電に対し、同原発周辺の断層の活動性を評価するために掘削した「寺尾トレンチ」と呼ばれる断層面の調査結果を巡り、「東電の解釈に疑義がある」とする申し入れを行った。
 申し入れをしたのは研究会と、地質の専門家らでつくる「柏崎刈羽原発活断層問題研究会」(活断研)のメンバー。昨年12月に寺尾トレンチを視察し、活断研が分析した。
 活断研の武本和幸・元刈羽村議は、東電が調べた断層の位置に疑義を呈し、「地域全体の構造運動を解明する上で、調査が不足している」と指摘した。東電の担当者は「社内で確認する」と応じた。
 東電は、寺尾トレンチの断層を「地滑り性の断層で地下深部につながる断層ではなく、震源として考慮する活断層ではない」と評価している。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ