FC2ブログ

記事一覧

日欧EPA CPTPP 今日の内外注目記事 2019年月1日

NZ trade deal with Japan makes US dairy exporters jittery,New Zealand Herald,19.2.1

New Zealand's first trade agreement with Japan continues to rattle our dairy export rival the US, with a new internal report forecasting "critical" losses in the billions of dollars to competitors if the US doesn't forge a trade treaty of its own with Japan.

 

日欧EPA発効 道内農林業に打撃の恐れ 北海道新聞 19.2.1

カマンベールなどのチーズの関税が16年目になくなり、道の試算では道内の牛乳乳製品の生産額が184億円目減りする。「イベリコ豚」で知られる高級豚肉などEU産の牛・豚肉の輸入も増えるとみられ、政府は国内の農業生産額が最大で年1100億円減少すると試算。同じく農業生産額が年1500億円減少する見込みの環太平洋連携協定(TPP11)と合わせて、農業者にはダブルパンチとなりそうだ。

日欧EPA発効 県内反応 生産者、価格下落を警戒 長崎新聞 19.2.1

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が1日、発効した。EUからの輸入ワインやチーズ、豚肉がこれまでより安く出回る見込みとなり、県内の小売店や消費者は期待する一方、生産者は競争激化や国産価格の下落を懸念する。
 ワインの関税は即時に撤廃された。ゆめタウン夢彩都(長崎市)は1日から13日まで、発効を記念し欧州産ワイン約100種類を集めたフェアを開く。750ミリリットル入りのボトルワインは50円、スパークリングワインは150円値引きする。
 取り扱うワインの6割以上が欧州産という卸売・小売業のウミノ酒店(長崎市)は関税撤廃で「消費者が手に取りやすくなる」と期待。長崎市のパート職員の女性(60)は「これを機に、いろんな種類を楽しみたい」と歓迎した。
 これに対し、生産者側は安い輸入品の流入を警戒。冠婚葬祭やホテル、飲食事業を展開するメモリードグループ(総合本部・西彼長与町)が運営する五島ワイナリー(五島市)は、同市内産などのブドウを使ったワインを年間約5万本製造する。担当者は「価格競争は厳しいが、自社で栽培から醸造までを手掛けているというプレミアム感を追求していけば差別化は図れる」と話した。
 チーズは、カマンベールなどに低関税の輸入枠を設け、EPA枠内の関税は16年目に無税となる。チーズ専門店「タチバナフロマージュ」(長崎市)は「対象のチーズは一部。製造経費も年々上がっていることから、価格動向に注視したい」と説明。飼育する乳牛の生乳を使ってモッツァレラチーズなどを製造販売する「さとむら牧場」(佐世保市)の里村貴司代表(40)は「影響はまだ分からない部分が多い」とし、「チーズの質をさらに高めていくしかない」と話した。
 乳製品の原料となる国産生乳の多くは北海道で生産されている。チーズなどの輸入が増え生乳が余剰になれば「他の都府県に流れ、飲用乳に影響が出る恐れがある」(県農政課)という。
 豚肉の関税も価格帯によって撤廃や引き下げとなる。農林水産省によると、2016年度の豚肉の国内生産量は894千トン。輸入量は877千トンで、このうち欧州産は約35%を占めた。自社栽培した米を飼料にしたブランド豚「諫美豚(かんびとん)」を育てる土井農場(諫早市)の土井賢一郎代表取締役(52)は、「国産豚肉の価格下落が気掛かり。将来的に日本の農家はつぶれてしまうのでは」と懸念。打開策として海外への輸出も視野に入れたいとした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ