FC2ブログ

記事一覧

首都圏にも原発の灯? デブリ取り出しいつのこと 原発関係主要ニュース 2019年2月21日

東海第2 再稼働方針固める 原電 茨城県と6市村に伝達へ 茨城新聞 19.2.21

日本原子力発電(原電)が東海第2原発(東海村白方)の再稼働を目指す方針を固め、茨城県と周辺6市村に近く意向を伝える方向で調整していることが20日、関係者への取材で分かった。再稼働を巡り、6市村は事前同意の対象だが、半径30キロ圏に住む約96万人の避難計画策定の見通しが立っておらず、原電が同意が得られるかは不透明な状況だ。

<福島第1原発>2号機、初の接触調査 固着デブリ、取り出し課題 河北新報 19.2.21

 東京電力福島第1原発の廃炉作業は、最難関の溶融核燃料(デブリ)取り出しに向けた一歩を踏み出した。東電が13日に2号機で実施した初の接触調査で、デブリとみられる堆積物のうち小石状などの一部は比較的簡単に動かせた。一方で動かせなかった堆積物もあり、複数の取り出し手法の組み合わせやデブリの全体像把握の必要性といった課題が浮き彫りになった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ