FC2ブログ

記事一覧

原発事故健康影響 汚染水 女川再稼働 原発関係主要ニュース 2019年2月24日

「放射線影響、出ないからこそ研究を」 原発訴訟対策?調査促す 東京新聞 19.2.24

<背信の果て>(6)「影響ないから研究を」放影研が原発事故健康調査で提言(特報) 東京新聞 19.2.24 朝刊

 東京電力福島第一原発事故後に福島県立医科大(県医大)が担った県民健康調査を巡り、日米で共同運営する「放射線影響研究所(放影研)」が衝撃的な動きをしていた。「放射線の健康影響が出ないからこそ研究を」「訴訟対策に」と求めていたのだ。研究や行政の保身が調査の目的なら、被災者本位とは正反対を向いていたことになる。これまで報じた背信行為の数々は、行き着いた先で、ついにこんな思惑に結実したのか。提言した当事者は黙して語らない。

トリチウム含む処理水「処分必要」 東京電力、2年で保管限界 福島民友 19.2.24

 東京電力福島第1廃炉推進カンパニーの小野明最高責任者は原発事故から丸8年を前に、福島民友新聞社のインタビューに応じた。第1原発構内のタンクで保管が続く放射性物質トリチウムを含む処理水について「(タンクを造る)敷地には限界があり、何らかの形で処理・処分を考えなければならない」と述べ、将来的には処分が必要との見解を示した。

<女川再稼動>宮城県内自治体、割れる反応 立地自治体は賛否を明らかにせず 河北新報 19.2.24
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ