FC2ブログ

記事一覧

東海第二立地不適 汚染水 避難区域 浜岡安全対策 原発関係主要ニュース 2019年3月31日

 

東海第二 立地の不当性指摘 茨大教授「規制骨抜き」(茨城) 東京新聞 19.3.31

 国は一九六四年、原発立地の基準として「人口密集地帯からある距離だけ離れていること」などと定めた原子炉立地審査指針を策定。しかし、東海第二の先行機に当たる東海原発は指針の五年前に設置許可が下り、周辺にも原子力関連施設や従業員用の団地が続々と造られてしまった。

 

汚染水処分、滞る議論福島第一タンク 2年後にも満杯(核心) 東京新聞 19.3.31 朝刊 2 

 一切なりゆき?福島第一汚染水

 

福島の3自治体、避難者支援節目に出先機関閉鎖 河北新報 19.3.31

 東京電力福島第1原発事故で避難した福島県の少なくとも3自治体が、避難先に設置していた出先機関を31日に閉鎖する。仮設住宅の無償提供終了や退去完了などに合わせ、組織体制を見直す。ただ、避難先に残る住民がいるため、各自治体は閉鎖後も情報提供などを継続する予定だ。
 31日に出先機関を閉鎖するのは楢葉と葛尾、飯舘の3町村。

浜岡原発で安全対策工事点検(静岡) 中日新聞 19.3.31

 県と御前崎市は二十八日、中部電力が浜岡原発(御前崎市)4号機で進める安全対策工事の状況を点検した。地震や津波で全電源を失う緊急事態に備え、原子炉を冷やし続けるための予備施設として二月に設置した海水取水設備と電源供給体制を確認した。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ