FC2ブログ

記事一覧

米国EPA E15ガソリンの周年販売許可 狙いは中西部農民の大統領支持確保

農業情報研究所201961日より転載

米国環境保護局(EPA)が531日、エタノールを15%まで含むエタノール混合ガソリン(E!15)の周年販売を許すと発表した。

EPA Delivers on President Trumps Promise to Allow Year-Round Sale of E15 Gasoline and Improve Transparency in Renewable Fuel Markets,EPA,19.5.31

2001年以降モデル車、軽トラック、SUVs、フレックス燃料車など限定されているとはいえ多くの車での使用が認められているE15 の販売は、リード蒸気圧が1インチ平方当たり9ポンドを超える夏季(51日~915日)ドライブシーズンには、大気汚染防止(スモッグ発生を抑える―オバマ時代のクリーンエアー・アクト)の観点から認められてこなかったが(EPA Announces E15 Partial Waiver Decision)。しかし、燃料需要が高まるドライブシーズンにE15が利用できればエタノール需要が大きく増える。それ低迷していたトウモロコシ需要の増大につながり、中西部トウモロコシ生産農民を喜ばすことになる。

今回の突然の措置が、貿易戦争により失われかけたコーンベルト農民の支持を再び取り戻そう目論むトランプ大統領の差し金によるものであることは見え見えだ。ウィーラーEPA長官、この措置は「トランプ大統領の指導によってバイオ燃料市場を拡大させるものと見えを切る。

しかし、やはりトランプ大統領の支持基盤であるテキサス、ルイジアナに集中する精油業者も黙ってはいない。EPAにそんな決定をする権限があるのかと、提訴する構えだ。E15を販売している給油所は全米で2000と未だ少ない。この措置でトウモロコシ消費がどれほど増えるかも不透明だ。トランプ大統領が失った支持をどれほど取り戻せるかも不透明だ。

トウモロコシのシカゴ先物相場は中西部を襲った大洪水のために3年来の高騰だが、それもトランプ大統領への支持回復に結びつくかどうか。トランプの迷走、まだまだ続きそうだ。

US pleases corn farmers with fuel ethanol rule,FT.com,19.6.1

Trump Administration Lifts Ethanol-Fuel Ban That Was Meant to Cut Smog,The New York Times,19.6.1

Trump lifts curbs on E15 gasoline to help farmers, angering Big Oil,Reuters,19.5.31

トウモロコシ、3年来(16年6月以来)の高騰(農業情報研究所 19.5.30

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ