FC2ブログ

記事一覧

EU バイオディーゼル用パームオイル利用が急増

農業情報研究所201973日より転載

バイオディーゼル製造のためのパームオイル使用がEU諸国で急増している。EU諸国は食料油として使うインドに次ぐ世界第二のパームオイル輸入国だが、輸入されるパームオイルの65%がバイオディーゼルの製造のために消費される。

EUのパームオイル消費は2018年、760万トン、前年に比べると1%減少したが、65%を占めるエネルギー用利用は、バイオディーゼル用が3%増加の400万トン、電力・熱利用が18%増加して90万トンになった。

200815年、森林を破壊して新たに作られたバイオ燃料用作物用地の70%がパームオイル用地で、コーン、大豆など他の作物用地は4%以下だった。

EUはエネルギー用パームオイルの使用は持続不能として2023年から段階的に減らし、2030年から禁止するとしている(Biofuels Sustainability Criteria,European CommissionSustainability criteria Sustainability criteria)。それまでにどれほどの熱帯アジアの森林が刈り払われるだろう。

EU palm oil use for biodiesel veicles soars despite green threat,Financial Times,19.7.3,p.11

関連情報(農業情報研究所)

オイルパーム・プランテーションがインドネシア森林破壊の最大の元凶―新研究,08.10.31

パームオイルで欧州議会が決議 単一持続可能認証スキーム導入とバイオ燃料用利用の2020年までの廃止,17.4.15

フランス議会 パームオイル・バイオ燃料の事実上禁止措置  18.12.26


 



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ