FC2ブログ

記事一覧

沖縄基地問題 2019年7月29日


辺野古反対 歌に乗せ 玉城知事、フジロックで 東京新聞 19.7.29

 沖縄県の玉城デニー知事は二十八日、新潟県湯沢町で開かれた国内最大級の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」に出演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を、歌に乗せて約千五百人の聴衆に訴えた。

 玉城氏は主催者側に招かれ、社会問題を扱う企画「アトミック・カフェ」に出演。ギターを弾きながら、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「雨を見たかい」とボブ・ディランの「見張り塔からずっと」を歌い上げた。

 歌に先立つトークコーナーでは、ジャーナリストの津田大介氏、沖縄の人気バンド「ORANGE RANGE」のベースYOHさんらとステージに登り、米軍専用施設が沖縄に集中する現状を紹介。「辺野古は絶対に認められない。これ以上、子どもたちに米軍基地を押し付けることはできない」と強調。日米地位協定改定の必要性にも言及した。

 一方で「政府と対立しているとは思っていない。県民の暮らしを考えれば、安倍晋三首相に頭を下げ、菅義偉官房長官ともにこにこ握手をし、普通の政治をすればいいと思う」とも述べた。

現職知事、フジロックでシャウト 沖縄の玉城デニー知事 津田大介さんやレンジYOHさんらと基地問題語る 沖縄タイムス 19.7.29

 【新潟で大城大輔】玉城デニー知事は28日、新潟県湯沢町の苗場スキー場で開かれた国内最大級の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」に出演し、トークと歌で沖縄の基地問題を全国に発信した。現職の知事が出演するのは初めて。

 知事が出演したのはフェスの関連イベントで、社会問題を取り上げる「アトミック・カフェ」。ジャーナリストの津田大介さん、名護市辺野古の新基地建設を巡る県民投票の会代表を務めた元山仁士郎さん、県出身バンド「ORANGE RANGE(オレンジレンジ)」のYOHさんとトークを展開した。

 知事はトークコーナーで日米地位協定に関して「沖縄と米国の協定ではない。みなさん全員にかかわっている問題だ」と訴えた。

 最後はギターを演奏しながら、CCRの「雨を見たかい」とボブ・ディランの「見張り塔からずっと」の2曲を披露し、会場を沸かせた。

沖縄県外へ基地移設 本土の学生7割「共感」 沖国大准教授ら調査 基地集中に「心苦しい」  沖縄タイムス 19.7.29

 米軍基地を本土に移すことを主張する沖縄発の県外移設論について、本土の大学生の7%が「共感できる」、62%が「部分的に共感できる」と答え、合わせて約7割が共感を示したことが2018年の若者意識調査で分かった。「共感できない」は30%だった。調査した研究者は「県外の学生が当事者の自覚をどこまで持てるかが焦点になり得る」と分析する。県内外の1534人が回答した。(編集委員・阿部岳)

 沖縄の学生は「共感できる」13%、「部分的に共感できる」60%、「共感できない」21%だった。

 調査は沖縄国際大の桃原一彦准教授(社会学)と大妻女子大の池田緑准教授(同)による「基地問題を中心とした若年層の意識調査」。

 本土の学生に「部分的」を含めて「共感できる」を選んだ理由(複数回答)を聞くと、多い順に「沖縄への基地集中を心苦しく感じる」41%、「日本の防衛は日本全体で担う」38%、「日本人として公平に基地負担を担う」37%の回答があった。

 「共感できない」理由は「沖縄に基地があることは日本の防衛上必要」36%、「自分の近所に基地が引っ越してくる可能性が嫌」28%、「沖縄県内・県外を問わず、基地は全廃」25%と続いた。

 沖縄からの県外移設要求に応え、本土で基地を引き取る運動があることに触れ「移設(引き取り)することを妥当だと思いますか」と聞いたところ、「全く思わない」「あまり思わない」が54%、「とても思う」「わりと思う」が44%。

 設問が「自分の近所」への移転になると否定する傾向は強くなり、「容認できない」「あまり容認できない」が71%、「容認できる」「わりと容認できる」が27%だった。

 沖縄以外の地域を「本土」「内地」などと呼び分けることについて複数回答で聞くと、「奇異に感じる」55%が一番多かった。一方、沖縄の学生は「自然である」48%が最多だった。

 調査は15年と18年の2回、調査票を配布して実施した。15年は県内の大学生と専門学校生514人、県外の大学生597人が回答。18年は県内の大学生と専門学校生423人、県外の大学生1111人が答えた。科学研究費助成金を利用した。

沖縄・今帰仁村で見つかったジュゴンの死因はエイのとげ 環境省と県、村が調査結果を公表 琉球新報 19.7.29

死因究明のために解剖されたジュゴンの死骸=17日、本部町(県、今帰仁村、環境省提供)

 環境省や県、今帰仁村は29日、今年3月に同村の運天漁港で見つかった国の天然記念物ジュゴンの死因について、オグロオトメエイのとげが腹部に刺さったことが原因だとする解剖結果を発表した。環境省によると、エイのとげによって腹腔(ふくくう)内が傷つけられ、腸管の内容物が漏れ出すなど、状態が悪化したことによって死亡した。明らかな骨折や外傷などは見つかっていない。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ