FC2ブログ

記事一覧

栃木指定廃棄物 柏崎刈羽原発 福島第一原発 規制委議事録 東海再処理施設 原発関係主要ニュース 2019年7月30日

【指定廃棄物の行方】栃木県6市町で再測定開始 農家「集約進めて」 場所選定など課題【動画】 下野新聞 19.7.30

 市町の担当者らは、再測定や暫定集約の決定を「一歩前進」と捉える。廃棄物を農家の敷地外へ移動できれば、負担を軽減できるためだ。しかし「国から方向性が示されないと動けない」と口をそろえ、同時に将来の不安も抱えている。

 大田原市の担当者は「集約場所を決めるのが一番大変で、一番時間がかかる」とし、市内での反対の声を懸念する。那須町の担当者も「町のどこかに集約するにしても賛成する人は少ないと思う。ご理解していただくしかない」と話した。

 

「首都圏の電気は十分」 柏崎で原発廃炉訴える県民集会 新潟日報 19.7.30 

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対する住民団体が28日、新潟県柏崎市で同原発の廃炉に向けて、意見を交わす県民集会を開いた。パネリストとして登壇した住民は「柏崎刈羽原発が動いていなくても首都圏の電気は足りている。原発は不要だ」などと訴えた。
 県民集会は原発からいのちとふるさとを守る県民の会、柏崎刈羽原発反対地元3団体の主催で、約200人が参加した。

 

原発事故の対策拠点、解体へ 「教訓が消える」と懸念も 朝日新聞 19.7.30(有料記事)

 

規制委AI議事録、誤字だらけ 専門家「音声も公開を」 東京新聞 197.30

 

東海再処理施設またもトラブル 固化作業を中止 東京新聞 19.7.30 朝刊7

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ