FC2ブログ

記事一覧

米国・EU貿易交渉 EUが米国牛肉輸入増加で合意 ただしホルモンフリー牛肉

農業情報研究所グローバリゼーション農水産物・食料品貿易ニュース:201983日より転載

 トランプ米大統領が2日、“グレイト・アメリカン・ビーフ”(要するに米国産牛肉)の対EU輸出を増やすEUとの協定に署名したと発表した。EUへの輸出(EUの輸入割当)は協定初年度に46%、来るべき7年間に90%増加するという。

 ただし、このEU輸入割当の対象となる牛肉は、あくまでも“ホルモン・フリー牛肉”、アメリカで一般的な蛋白質合成を促がすホルモン剤を注入された牛の肉は対象外だ。2日の記者会見で、EUStavros Lambrinidis駐米大使はこの点を強調した。量や金額ではない、重要なのは高度な基準だという。

 なお、協定の発効は欧州議会の承認を待たねばならない。

Trump: US will sell more 'great American beef' to EU,Deutsche Welle,19.8.3
   Secretary Perdue Statement on U.S. and E.U. Beef Agreement,USDA,19.8.3

日米貿易交渉も大詰めを迎えている。米国は牛肉・豚肉輸入の大幅増加を求めてくるだろう。日本には米国以上に“高度な基準”はない。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ