FC2ブログ

記事一覧

国が環境被害がないことを確認できると思っているのだろうか 松井大阪市長

それとも、そんなことは確認できないことを見越してこんなことを言っているのだろうか

福島第一の処理水 大阪湾放出に言及「環境被害なし」前提で松井市長と吉村知事 東京新聞 19.9.18

 東京電力福島第一原発の放射性物質を含む処理水を巡り、松井一郎大阪市長と吉村洋文大阪府知事は十七日、科学的に環境被害がないという国の確認などを条件に、大阪湾で放出する可能性に相次いで言及した。松井氏は「全く環境被害がないものは国全体で処理すべきだ。持ってきてもらって流すのであれば(放出は)ある」と市役所で記者団に語った。

原発処理水「大阪湾で受け入れ」大阪・松井市長 産経新聞 19.9.17

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は17日、東京電力福島第1原子力発電所で増え続ける有害放射性物質除去後の処理水に関し、「科学が風評に負けてはだめだ」と述べ、環境被害が生じないという国の確認を条件に、大阪湾での海洋放出に応じる考えを示した。

 

 →福島第一原発構内のトリチウム水海洋放出問題 論点整理声明「トリチウム水は大型タンクに100年以上保管せよ」  原子力市民委員会 1866


スポンサーサイト



コメント

No title

放射性物質を安全なレベルまで下げて、大阪湾に投棄すると言ってるが、そもそも、放射性物質に関しては安全なレベルなど存在しない。いかなる、低レベルでもリスクは存在し閾値は無い。今の人類には無毒化不可能。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ