FC2ブログ

記事一覧

今後は新聞の読者発言欄も検閲しよう 萩生田光一

 

(東京新聞 19.9.28朝刊 発言欄より)

(大枚をはたく地上イージスなど、最新のドローン攻撃には無力です)

 

トリエンナーレ補助金 再開表明 直後の不交付 東京新聞 19.9.27

トリエンナーレ補助金不交付事実上の国家検閲 表現の自由が窒息しかかっている(特報) 東京新聞 19.9.28 朝刊26-27

 開いた口がふさがらない。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」への補助金約7800万円を文化庁が支払わないというのだ。文化を振興する官庁なのに、企画展「表現の不自由展・その後」を脅迫で中止に追い込んだ側に肩入れしたとしか言いようがない。決定には萩生田光一文部科学相をはじめ、政権側の意向が働いているという見方が広がっている。横暴を許してはいけない。(稲垣太郎、安藤恭子)

後出し処分 法治の危機トリエンナーレ補助金不交付 東京新聞 19.9.28 朝刊2

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(十月十四日まで)への補助金交付を文化庁が取りやめたことに批判が強まっている。「審査に必要な(安全性の懸念について)報告がなかった」ことを理由にするが、報告を義務付けた規定は見当たらない。文化庁が取りやめの根拠とする補助金適正化法を読むと、むしろ申込者への不当な干渉を戒めてもいる。識者は「後付けの理由でペナルティーを科すこのようなやり方がまかり通れば、法治国家ではなくなる」と危機感を強める。 (柏崎智子、望月衣塑子)

補助金の不交付明らかな権力の検閲だ(社説) 東京新聞 19.9.28

 「表現の不自由展・その後」が中止された「あいちトリエンナーレ2019」を巡り、文化庁は補助金の不交付を決めた。手続きを理由としているが、明らかな権力による検閲だ。撤回を求める。

明らかな憲法違反を言いつくろう萩生田光一 そりゃおかしいぜ第三章 19.9.26

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ