FC2ブログ

記事一覧

米欧貿易紛争 トランプ関税でコート・デュ・ローヌ、パルメザンも値上がり

Trump’s latest tariffs could mean higher food and drink prices — and not just for French wine,The Washinton Post,19.10.5

The list reads like something that could go under the header of “things that are delicious.” French, Spanish and German wine. Spanish olives. Parmesan. Stilton. Currant jelly.

But this isn’t a menu at a Euro-chic bistro; it’s a government document out this week spelling out the products subject to a 25 percent increase in tariffs beginning Oct. 18. The expansive array of wines, cheeses, produce, meat and seafood imported to the United States from European Union countries is caught up in a trade war that has nothing to do with Irish butter or sweet biscuits from the United Kingdom. (They’re getting a 25 percent tariff increase, too)

 

U.S. Wins $7.5 Billion Award in Airbus Subsidies Case,USTR,19.10.2

 

ノーベル賞経済学者であるロバート・ルーカスは「私は米国でイタリアのコーヒーを飲み、すしを食べ、フランスワインを飲んでいる。世界中の最高のものが米国で手に入る。すばらしいことだ。ハイテク製品も衣類も何もかもだ。それにもかかわらず、世界貿易機関(WTO)の会議を妨害した人々のように自由貿易を脅かす勢力がある。だが、工業化の恩恵は自由貿易を通じて世界に広がっていくのだから、反対派が力を失っていくことを願う。だから私は、二十一世紀の世界にとって大切なキーワードは、何よりもグローバリゼーションだと思っている」といいます―農業情報研究所:profileより> 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ