FC2ブログ

記事一覧

トランプ政府 バイオ燃料政策の方向転換 農民票離反食い止め策

農業情報研究所環境エネルギー>ニュース:2019108日より転載(10.9追記)

 <トランプの悪あがき。どうせモノにならないようにも見えますが>

   トランプ米政府が2020年大統領選を前に、中西部農民の怒りを鎮めるべくバイオ燃料政策の方向転換を図る。

トランプ大統領の意向を受けた環境保護庁(EPA)・農務省(USDA)は今月4日、2020年から150憶ガロン(現在の義務的使用量)以上のトウモロコシエタノールが燃料にブレンドされ、(大豆)バイオディーゼルも使用義務(20憶ガロン)も果たされるように保証すると発表した。

大規模精製業者は、石油業界への配慮からトランプ政府が講じた小規模石油精製業者に対する再生可能燃料基準(RFS、使用が義務付けられる再生可能燃料の量)適用免除で生じるこれらバイオ燃料の使用不足を埋め合わせように、一層多くのバイオエタノール・ディーゼルを使用せねばならないという。

 EPA, USDA move to expand biofuels in 2020,EPA,19.10.4

 使用義務を免除される小規模精製業者はトランプ氏の大統領就任以来3倍増、31に達している(下図参照)。免除対象はエクソン・モービルやシェブロンなどの巨大企業が所有する小規模精製業者にまで広がった。

それが目下の米国トウモロコシエタノール需要減退、従ってトウモロコシ国内需要低迷の主因をなしている。この免除が、米中貿易戦争で既に中国市場を失っていた米国農業とバイオ燃料産業に追い討ちをかけた。去年、国の200エタノール工場のうち80工場が閉鎖された。

 新たなプランにはその他、バイオ燃料高ブレンド燃料を消費者に届けるためにのインフラプロジェクトに資金を供給し・周年販売が承認されたE15 ガソリン(米国EPA E15ガソリンの周年販売許可 狙いは中西部農民の大統領支持確保 農業情報研究所 19.6.1)を扱う給油所を増やす手だてを講じ・運転者がE15の使用を許されない車にE15 を給油するのを防ぐラベル(それが給油を躊躇わせる)の簡素化、バイオ燃料使用義務を果たせない精製業者が購入を義務づけられているクレジット・RIN(再生可能識別番号)市場の改革と透明化(一部精製業者はRIN市場は透明性を欠き、その価格注)は投機者により操作されていると論じている)などが含まれる。

 バイオ燃料増産、農地拡張を含む原料(トウモロコシ、大豆)増産の環境影響―大気・水汚染、水資源枯渇、土壌劣化、気候変動促進、生物多様性損失等々―は、トランプ政権下で環境規制撤廃・緩和が着々進められてきたから問題(障害)にならない。

 ただし、プランはあくまでパブリック・コメントを求める提案の段階にある。石油業界は猛反発しており、実現するかどうかは不透明だ。エタノール業界、中西部農家が喜ぶのはまだ早いかもしれない。トウモロコシ、大豆の先物相場は上昇に転じてたが、ためらいがちだ(小麦・トウモロコシ・大豆先物相場の推移穀物・大豆等先物(期近)価格の長期推移)。

 (注)

  

  関連ニュース

 Trump EPA Pledges Biofuel Boost to Calm Corn-State Criticism,Bloomberg,19.10.5

 Trump moves to placate swing state farmers over biofuels,FT.com,19.10.5

追記:10月9日

 Trump ethanol plan triggers steep in Rins credit prices,Financial Times,19.10.9,p.19

  Trump ethanol plan fails to cheer biofuel markets,FT.com,19.10.8

The US ethanol industry sounded elated last week when the Trump administration unveiled long-sought reforms to shore up biofuel demand, but the reaction in the markets has been less enthusiastic.

The price of compliance credits used in ethanol markets has fallen since Friday’s announcement by the Environmental Protection Agency, reflecting questions about the details and doubts it could drive greater sales, analysts said.

Most petrol sold in the US contains about 10 per cent ethanol. The commodity is of huge economic importance in Midwestern US states, where more than a third of the corn crop is sold to ethanol plants. These states, in turn, are crucial to Donald Trump’s re-election prospects in 2020.

 

Mr Trump’s EPA on Friday announced a plan to push ethanol demand to 15bn gallons a year — the level required by a congressional mandate — in 2020 after previously punching holes in the mandate by giving exemptions to dozens of oil refiners.  

 

If successful, the plan would soften the impact of the exemptions on ethanol demand, pushing up the price of credits that oil refiners purchase to meet blending requirements. The credits are formally known as Renewable Identification Numbers, or Rins.

 

But after Friday’s announcement, the Rin credits “have been falling off a cliff”, said Denton Cinquegrana of Opis, a fuel price information service. Opis reported the average price of ethanol Rins was 20 cents a gallon on Monday, down 16 per cent from Thursday and close to the average price of 2019.

 

The drop reflected “disappointment” in the proposal, said Bill Lapp of Advanced Economic Solutions, a consultancy. The price of ethanol swaps was $1.485 a gallon in Chicago on Monday, down 2.3 per cent from Thursday. Corn futures also settled at $3.87 a bushel, slightly lower than Thursday.

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ