FC2ブログ

記事一覧

タイ、除草剤・グリホサート禁止へ 米国は大豆等輸出に影響と禁止延期を要求

農業情報研究所環境農薬・化学物質・有害物質20191026日より転載

  タイのナショナル有害物資委員会(National Hazardous Substances Committee)がパラコート、グリホサート(以上除草剤)およびクロルピリフォス(殺虫剤)を生産・輸入・輸出・所有が禁止される有毒物質に指定した。この禁止は121日から有効になる。

 この禁止を前に、米国がタイに対し、とりわけグリホサート禁止の延期を要請した。米国農務省は、グリホサート禁止はタイの米国大豆・小麦の輸入(米国の輸出)に影響を与えると主張している。

 米国はまた、米国環境保護庁(EPA)のアセスメントや日本、EU、オーストラリア、FAOの科学的意見を引用、農業におけるグリホサート使用は人の健康に無害であると主張しているそうである。

 ただし、タイの副首相・保健大臣も、農業・農業協同組合副大臣も、タイ政府は消費者の安全を確保する責任があると言っている。市民団体・Biothaiは、米国の大豆やコーンなど農産品はグリホサートに汚染されている、米政府はグリホサート残留基準を引き上げたと主張している。

US glyphosate letter riles govt,Bangkok Post,19.10.26

 

関連情報(農業情報研究所)

オーストラリア農民 長年のグリホサート使用でがんに モンサントを提訴,19.10.10

欧州食品安全機関 クロルピリフォスに安全基準なし EUも来年から禁止か,19.8.4

オーストリア グリホサートの利用を全面禁止 EU諸国で初めて,19.7.4

ベトナムがグリホサート使用を禁止 米農務省は世界農業生産に破滅的影響と批判,19.4.12

フランスに広がる反グリホサート運動 一般市民が尿検査と訴訟に参加,18.10.6

マクロン大統領 3年以内にグリホサート廃止の約束果たせず 議会が法案否決,18.9.16

米国陪審、元校庭整備員の悪性リンパ腫の原因はラウンドアップ除草剤・グリホサート,18.8.12
スポンサーサイト



コメント

No title

貴殿のブログいつも拝見しています。今度の台風でフレコンバックが流されたり、有毒物が流されたりしてる福島県の様です。こんな事では福島県民は、世の指弾を受けないか心配です。自然災害だからと言って済む話では無い様で、心配してます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:寿
農業情報研究所(WAPIC)=http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/の所長・所員・小使いを兼務。原発事故で「明るい農業・農村」の夢を失った老い先短い老人です。かつての行動派も病魔のために身体不如意、情報提供と批評に徹します。

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ